英会話カフェは本当におすすめ?知らないと損する特徴や選び方を解説

最近、気軽に英会話を楽しめる英会話カフェが人気です。

英会話スクールに通うほどでもないけれど、英会話に触れてみたい。と思う人も多いのではないでしょうか?英会話カフェと一口に言っても様々なカフェがあるようです。

今回は、そんな英会話カフェについて徹底解剖します。

英会話カフェ

The Best Language Exchange Opportunities In Tokyo

英会話カフェとは

英会話カフェとはその名のとおり、英語で会話をするカフェです。

スクールのようにレッスンを行うわけではなく、お茶を飲みながらその場に居合わせた人と英語で会話をすることができる環境が用意されています。

英会話のトークスタイルも、自由にそこにいる人たちに声をかけて会話をするフリースタイルや、同じテーブルに居合わせた数人で会話をするグループトーク、マンツーマンで会話ができるカフェもあります。

英会話カフェの特徴

ネイティブの雰囲気を感じることができる

英会話カフェは、英語を勉強する場所というより、英語で会話を楽しむ場所です。

英語を話す雰囲気を味わってみたい、外国人と話をしてみたいという目的で訪れるのであればピッタリです。

そのため、リアルのコミュニケーションを楽しみながら、疑似留学・疑似海外生活を体験してみたい方におすすめです。

先生がいるわけではない

ただし、注意したいのは、英会話スクールではないので、先生がいて手取り足取り教えてくれるわけではありません。

自分から積極的に話しかけて、会話に入っていく必要があります。

それなりに費用もかかる

また、費用もそれなりにかかります。

ただ英語を話したい。というだけなのであれば、今は安いオンライン英会話もたくさんあります。交通費や移動時間を考えると、そちらのほうがよいという場合もあるでしょう。

自身が、英語の練習をしたいのか、英語で話す雰囲気を楽しみたいのかによって、英会話カフェと英会話スクール、オンライン英会話などの使い分けが必要です。

英会話カフェの費用

費用やカフェ内でのルールは、カフェによってさまざまで、ドリンク一杯400円のみで入場可能なカフェや、1時間1000円など時間制のカフェなどがあります。

英会話カフェの選び方

最近増えている英会話カフェですがどのようなところに注目していく場所を決めたらよいのでしょうか?

それは以下のポイントです。

  • 立地・費用
  • レベル分けがされている
  • 英語ネイティブの参加有無
  • 予約の要否

ひとつずつ解説します。

立地・費用

まずは、自分が通いやすい場所にあるかが重要です。

英語を話したいと思う人は、定期的に通いたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

英会話力を伸ばすためには、継続して続ける必要があるので、職場や学校に近い、自宅に近いなど通いやすい立地のカフェがおすすめです。

また同様の理由で、あまり料金が高いと定期的に通うのが難しくなります。自身の予算や通いたい頻度も考慮に入れて検討しましょう。

レベル分けがされている

カフェによっては、レベル別にテーブルが分かれていることがあります。

初心者でも会話に参加しやすかったり、上級者はスピード感のある討論ができたり、それぞれのレベルに合わせた会話を楽しむことができます。

あまり英語が話せないまま、レベルの高いグループに入ってしまうと、結局会話を楽しめないまま時間が過ぎてしまいますので、自信のない方は、初心者テーブルの用意されているカフェのほうが安心です。

英語ネイティブの参加有無

英語で会話するといっても、他のお客さんと英語で話すのか、外国人もお客さんとして来るカフェなのか、ネイティブのスタッフが常駐して会話を誘導してくれるのかも注目したいポイントです。

注意したいのは、ネイティブスタッフがいるカフェでも、先生ではありませんので、あくまでも会話を楽しむことに専念しましょう。

予約の要・不要

ちょっと時間ができた時にフラット寄れるとよいですよね。

予約の必要なカフェだと、「今から行きたいな」と思った時に、すぐに予約が取れるとは限りません。

その代り、予約制のカフェは、少人数でゆっくりと会話できるなどの利点もあります。

予約不要のカフェは、気軽に立ち寄ることができますが、週末などは混みあうこともあります。

その他、気になること

他にもお子様がいる方は、子連れで行ってよいのかなど気になるポイントでしょう。

お酒も飲めるカフェやワークショップなどを開催しているカフェなど、どのカフェもそれぞれの魅力があるので、自分にあったカフェを探してみましょう。

最近では、SNSなどで、実際にカフェを利用したユーザーの口コミを見ることができます。カフェの公式HPやSNSだけでなく、実際の利用者の声を調べてみると、どのような雰囲気なのかが分かりますね。

東京の英会話カフェ

Mickeyhouse

高田馬場駅より徒歩4分、30年以上の歴史を持つ英会話カフェです。

料金は一人2,000円で時間無制限、ドリンク飲み放題。回数券や期間パスの設定もあるので、頻繁に行く方はお得に利用できます。曜日によって英語以外の言語のテーブルも用意されているので、英語以外の言語を話したい人も利用できます。

>> Mickeyhouse はこちら

English Only Cafe

神保町駅から徒歩5分のEnglish Only Cafeは、その名のとおり、「英語だけで会話をして、留学しているような体験をしましょう」というコンセプトのカフェです。

必要な料金は、ドリンク1杯400円のみ。英語で会話をするというルールがあるだけで、普通のカフェと同じ感覚で利用できます。日曜、月曜、祝日がお休み(日曜は不定期開催)なので注意が必要です。

>> English Only Cafe はこちら

ALPHA

渋谷駅から徒歩5分、英会話スクールに併設されているカフェです。スクールの生徒でなくても、1時間1,100円で利用でき、ドリンクも飲み放題。曜日と時間によって、初級テーブルが用意されています。

予約不要で、英会話スクールに併設されているカフェのため、外国人スタッフもフレンドリーで会話に慣れています。

>> ALPHA はこちら

まとめ

日本に住んでいると、あまり英語で会話をする機会がないので、英語で会話を楽しみたい!という方には、英会話カフェはとってもおすすめです。

ただし、あくまでも英会話カフェは、会話を楽しむ場所であり、レッスンではないということを覚えておきましょう。自身にあった英会話カフェを見つけられるとよいですね。

おすすめの記事