オンライン英会話のフリートークで失敗しないコツ【苦手な人向け】

こんにちは。

オンライン英会話では教材と使ったレッスンとフリートークがありますよね。

教材レッスンは何を話すかを考えなくてもいいですが、フリートークは会話のネタが思い浮かばす、ちょっと苦手という方も多いのではないでしょうか

そこで今回は、フリートークが苦手な人向けに、オンライン英会話でフリートークで失敗しないコツを紹介します。

オンライン英会話のフリートークで失敗しないコツ

3つあります。

  • Newな講師を選ばない
  • いくつかトピックを用意
  • 5W1Hで会話を広げる

ひとつずつ解説します。

コツ①:Newな講師を選ばない

まず、Newな講師(あたらしい先生)を選ばないことです。

極論、オンライン英会話は、講師が性格がよくて会話をリードしてくれれば、レッスンが成り立ちます。

一方、あたらしい先生はレビューが少ないので、性格の良さや会話のリード力がわかりません。

なので、ひとまずあたらしい先生は避けたほうがいいです。

コツ②:いくつかトピックを用意

フリートークの際は、いくつかトピックを用意しておきます。

基本的なトピックでOKで、ググればたくさんでてきます。

もしレッスン中にトピックを思い出せない、焦ってしまう場合は、

  • トピックのページを開いておく
  • パソコン横の紙に書いておく

などの対策をしておきます。

ただし、注意点がひとつあります。

それは、

  • 日本語でも難しいトピックは選ばない

ことです。

たとえば、僕が医療やファッションについてフリートークしようとしても話すことがありません。医療については情報も少ないし単語も難しいです。

なので、自分の身の丈にあったトピックを用意します。

なお、以下に少し変わったトピックもまとめているので、よければ参考してください。

コツ③:5W1Hで会話を広げる

会話はキャッチボールです。

なので、講師の話に対しても5W1Hで質問します。

  • Who(誰と)
  • Where(どこへ)
  • When(いつ)
  • Why(なぜ)
  • How (どのように)

もし5W1Hを使った文章で質問することが難しければ、Why?やWho?といった感じで簡単な反応を示すだけでもOKです。

とにかく、リアクションして会話を続けることが一番大切です。

そうすれば、教材、フリートークに関わらず、会話を続けることができます。

以上がオンライン英会話のフリートークで失敗しないコツです。

なお、最後に、上記①〜③のコツを実践してもうまくいかないときの最終手段です。

コツ④:周りにあるものを見せる

周りにあるものを見せて、会話のネタを作ります。

たとえば、手元にある本を見せます。

そうすれば、講師側が何か聞いてくるので、コツ③を使いながら会話を広げます。

繰り返しになりますが、フリートークはお互いのキャッチボールが続けば、失敗しません。

まとめ

今回は、フリートークが苦手な人向けに、オンライン英会話のフリートークで失敗しないコツを紹介しました。

繰り返しになりますが、コツは以下です。

  • Newな講師を選ばない
  • いくつかトピックを用意
  • 5W1Hで会話を広げる

本記事がフリートークが苦手な方の参考になれば幸いです。

それでは以上です。

おすすめの記事