予約不要のワンタップ英会話「Cambly」を体験してみた

こんにちは。

今話題のオンライン英会話「Cambly(キャンブリー)」を使ったことはありますか。

Camblyの特徴は、「予約が不要でいつでもネイティブと英会話ができる」、「講師は100%ネイティブ」と、他のオンライン英会話とは違う特徴があります。

今回は実際にレッスンを受けてみた感想を紹介します。

結論「講師の質も一般的で、めちゃくちゃすぐにネイティブと会話することができるサービス」です。とにかくネイティブと英語を話したい、と言う人にはかなりおすすめです。

Camblyとは

出典:Cambly

Camblyは、オンライン英会話サービスで以下の6つの特徴があります。

  • Google出身者が創業
  • 1タップで英会話ができる
  • ネイティブ講師100%
  • スカイプ不要
  • iOS/Androidアプリもある
  • 自動録画機能

Google出身者が創業

Camblyは、2012年にGoogle出身のエンジニア、ケヴィン・ロウとサミール・シャリフにより創業されました。

2014年にYCombinatorという米国で著名なスタートアップのアクセラレーションプログラムにも選出されていますね。

いわゆる、世界でもバリバリ最先端の人たちがサービス開発をしています。

1タップで英会話ができる

Camblyの一番の特徴として、ワンタップするだけで、いつでもネイティブと英会話を始めることができます

通常のオンライン英会話と違い、レッスンを予約する必要がありません。

そのため、突然の予定変更や体調不良があった時でも、予約キャンセルやリスケジュールの手間もかかりません。

講師はネイティブ100%

オンライン英会話では、フィリピン講師が有名ですが、Camblyの講師は100%、英語ネイティブです。

とはいえ、英語ネイティブだからといって、英語教師の資格まで持っているわけではありません(もちろん、なかには英語教師の資格を持った先生も一定数います)。

これについて、Cambly創業者はインタビュー記事で以下の通り述べています。

Camblyにいるチューターは全員ネイティブスピーカーだ。もし彼ら全員が語学指導のための専門の訓練を受けたプロ講師であれば料金も高くなってしまうけれど、Camblyが提供するのはあくまでも「おしゃべりの相手をしてくれる普通のネイティブスピーカー」。こうすることで安価でサービスを提供できているよ。他の会社がこれまでやってきたプロ講師を雇って英会話サービスを提供するという方法とは全く異なるアプローチを採用しているけれど、それは普通のネイティブスピーカーとたくさん話が出来ることに非常に価値があると考えているからなんだ。

引用元:TechWatch

ようするに、

Camblyは、講師がネイティブであることを最重要視。ネイティブとおしゃべりをするように英会話の練習ができる環境を提供している

ということです。

スカイプ不要

他のオンライン英会話では、レッスンにスカイプを利用するサービスもありますが、Camblyではサイト内のビデオ通話システムが利用するため、スカイプは不要です。

iOS/Androidアプリもある

CamblyはWebサイトだけではなく、iOS/Androidの両アプリでも提供されています。

移動中や外出先でPCを立ち上げることが難しくても、スマートフォンだけあれば、どこでもレッスンを受けることができますね。

自動録画機能

最後の特徴として、Camblyでは、レッスンはすべて自動録画されます

現時点で、私が知る限り、自動録画機能を提供しているオンライン英会話サービスは、Camblyだけです。

もちろん、スカイプを使えば録画はできますが、わざわざ相手に「録画してもいいですか?」と聞くのも億劫ですよね。

自動録画機能があると、レッスン後も自分の発音やネイティブの表現を確認したりするのに便利です。

というわけで、Camblyの特徴でした。次はサイトの使い方を開設します。

使い方

基本的な使い方はこちらの動画で説明されています。動画は日本語で聞くことができます。

会員登録

出典:Cambly

まずは会員登録が必要です。

メールアドレスもしくはFacebook、GoogleなどのSNSアカウントが利用できます。

講師を探す

ログインすると、トップページに入ります。

出典:Cambly

トップページですぐに、「待機中の講師」の表示と「電話する」のボタンに気がつくと思います。

つまり、

Camblyでは常に一定数のネイティブの講師がオンラインで待機しており、電話するボタンを押すだけで、すぐにビデオ通話を始めることができます。

電話する

出典:Cambly

「電話をする」ボタンを押すと、上記のようなレッスン準備中の画面に切り替わります。

10秒ほどで講師つながります

めちゃくちゃ早いですよね。これにはさすがに驚きましたw

無料体験レッスン

Camblyでは、会員登録すると、15分間の無料体験レッスンを受けることができます。

私は、無料体験レッスンで、日本滞在経験のあるイギリス人女性を選びました。

レッスン内容

はじめてということもあり、下記のような簡単な自己紹介をした感じです。

  • 自己紹介
  • 仕事は?
  • 英語圏に滞在したことがあるか?
  • どうしたら、日本人はもっと英語を話すことができるか?

終了時間に近づくと、講師側から声をかけてくれるので、ビデオ通話を終了します。

無料体験を受けた感想

無料体験を受けた感想は以下です。

  • ワンタップで話せるのは想像以上に快適
  • 講師は良くもけど悪くもない

ひとつずつ簡単に解説します。

ワンタップで話せるのは想像以上に快適

Camblyでは、本当にワンタップでネイティブ講師と話すことができました。

これはすごく快適ですね。

従来のオンライン英会話と異なり、予約不要なので、やはり仕事柄、予定が変わりやすい方は便利だと思います。

また、予約だと、当日になり、あ〜疲れたな、レッスンを受けたくないなと思うこともあるかもしれませんが、Camblyにはそれがありません。

自分が受けたいときにすぐ受けられるので、とても気持ちが楽でした

講師は良くもないけど悪くもない

今回は15分の無料トライアルを受けただけなので、あくまでも参考ですが、講師の質という意味では普通な感じです。

基本的に講師は会話をリードし、こちらの返答に対して、5W1Hで会話を広げてくれますが、これらは英語を話す上で割と一般的なことです。

また、文法や発音は間違いもあったと思いますが、今回は特に指摘はされなかったため、良くもなく悪くもないという評価です。

とはいえ、以下の動画のとおり、事前に発音指摘などの要望を伝えればしっかりと対応しているので特に問題ないと思います。

次に、Camblyの評価を紹介します。

Camblyの評価

SNSからいくつかツイートを拝借しました。基本的に良い体験ができた方が多いみたいですね。

という感じで評価もいいです。

とにかく無料トライアルはとてもおすすめなので、ぜひ一度受けたほうが良いです。無料なので失うものもありませんし。

Camblyの料金体系

Camblyの料金体系

無料体験後は、課金しないとレッスンを受けられません。

なので、ここからはCamblyの料金についてです。

他のオンライン英会話と比較しながら、かなり詳しく解説します。

価格表

下表は2019年12月29日時点のCamblyの価格表(1ヵ月契約)です。

縦が「1週間あたりのレッスン日数」、横が「1日あたりのレッスン時間」です。

15分30分60分120分
1回3,190円5,390円9,690円17,790円
3回8,790円14,390円26,390円50,690円
5回11,390円19,490円36,790円71,490円
7回12,990円24,690円47,690円81,990円
出典:Cambly

この価格表だけ見ると、高いと思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

ですが、Camblyには割引制度があります。

価格割引

割引率が高い

Camblyでは、上記の価格表をベースに、3ヵ月契約で15%12ヵ月契約で35%の割引が受けられます。

この割引率は大きいですよね。

たとえば、割引前の月額料金が1万円であれば、3ヶ月契約で月額8500円、12ヶ月契約であれば、月額6500円になるからです。

複数月契約をするメリットは他にもあります。

モチベーションアップにもつながる

オンライン英会話に加入しても続かない人は結構多いと思います。

最初の数週間は毎日レッスンを受けていたけど、その後はめんどくさくなって休眠会員になってしまうケースです。

一方、最初から複数月契約をしてお金を払ってしまえば、コミットせざるを得ません。

そのため、複数月契約は、価格の割引だけではなく、英語学習モチベーションの維持効果もあります。

他のオンライン英会話の価格

では、上記Camblyの価格は本当に高いのでしょうか。

これを検証するため、DMM英会話とNativeCampと比較します。

DMM英会話とNativeCampを比較対象に選んだ理由は、Camblyと同じ「ネイティブスピーカーとオンライン英会話ができる」からです。

以下は、NativeCampとDMM英会話との価格表です。

NativeCampDMM英会話
月額価格6,490円6,480円
15,800円
(下段はプラスネイティブプラン)
レッスン回数無制限1日1回×25分
出典:NativeCampDMM英会話

単純に価格だけ比べると、Camblyは高いと思ってしまいますよね。

では、価格の違いはどこにあるのでしょうか。

他のオンライン英会話との違い

ネイティブスピーカーの割合

CamblyとNativeCamp/DMM英会話の価格の違いについて、一番の要因は「講師がネイティブスピーカー」かどうかです。

ネイティブスピーカーの定義は、たとえば、以下のような国出身で英語が第一言語の先生です。

  • アメリカ
  • カナダ
  • イギリス
  • ニュージランド
  • 南アフリカ

DMM英会話とNativeCampでもネイティブ講師とレッスンを受けることができます。

ただし、

ネイティブ講師の割合は、それぞれ2%(※1)11%(※2)程度と推測されます。

※1: 2019年12月29日時点のNativeCampの講師一覧よりアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア出身の講師を抽出。ネイティブ講師161名に対して、全体の講師数8000名により算出

※2: 2019年12月29日時点のDMM英会話のサイト情報も元に、ネイティブ講師800名に対して、全体の講師数6500名より算出

一方、Camblyはネイティブ講師100%です。

では、上記のネイティブ講師の割合を前提条件に、NativeCampとDMM英会話との価格差を検証してみましょう。

NativeCampとの比較

出典:NativeCamp

まずは、NativeCampとの比較です。

価格の比較

前述の通り、NativeCampはレッスン無制限で月額6,480円とCamblyに比べてとてもお得です。

一方、NativeCampのネイティブ講師は、全体の2%程度です。

この水準では、自分の好きな時間にネイティブ講師とのレッスンを予約するのは難しい、のではと考えられます。

なので、NativeCampとCamblyを比較した場合の結論は以下です。

結論

  • 価格優先:NativeCamp
  • ネイティブとの会話優先の場合:Cambly

NativeCampはネイティブ講師とのレッスンを受けることができますが、ネイティブ講師の割合も少なく価格差が大きいため、単純な比較はできない、という感じです。

DMM英会話との比較

出典:DMM英会話

一方、DMM英会話では、「プラスネイティブプラン」というネイティブ講師専門プランがあります。

では、DMM英会話と比較して、Camblyの価格が本当に高いのかを検証してみましょう。

価格の比較

DMM英会話のプラスネイティブプランは月額15,800円で、1日1回25分レッスンを受けることができます。

Camblyで、毎日30分レッスンする場合は、月額24,690円になります。

これだけで比較すると、DMM英会話の方がお得なことは一目瞭然です。

ただし、

前述の通り、Camblyには複数月契約による割引があります。

12ヵ月契約の35%割引を考慮すると、月額16,049円になりDMM英会話のプラスネイティブプランと価格的にも遜色ありません。

ネイティブ講師数の比較

Camblyには、1万人以上のネイティブ講師が登録していて、DMM英会話のネイティブ講師の数(2019年12月末時点で800名程度)と比べると格段に多いです。

CamblyとDMM英会話のネイティブ講師数の差は意外と大きいです。

ネイティブ講師の数が多いということは自分のスケジュールに合わせてレッスンを受けやすくなるからです。

結論

DMM英会話とCamblyを比較した場合の結論は以下です。

  • 12ヶ月契約ができない場合:ネイティブの優先度で検討
  • 12ヶ月契約ができる場合:Camblyの方が良い

上記の通り、CamblyとDMM英会話では、ネイティブ講師数に大きな違いがあります。

それを考えると、

もしCamblyで12ヵ月の長期契約が可能な場合は両サービス間で価格差もなくなることから、Camblyの方が良いと言えます。

一方、さすがに12ヶ月契約は難しい場合は、ネイティブ講師とのレッスンの優先度を考慮して検討することをおすすめします。

ネイティブ講師は必須?

では、オンライン英会話において、ネイティブ講師とのレッスンは本当に必要なのでしょうか。

必要・不要、それぞれの場合を解説します。

【必要】英語圏で留学・就職を検討中

まずは、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどの英語圏で留学や就職を考えている場合は、ネイティブ講師とのレッスンをおすすめします。

講師の話す英語が現地の標準語だからです。

また、ネイティブ講師の英語に慣れておけば、スピーキングだけではなく、留学・就職後のリスニングにも役立ちます。

【必要】正しい英語を学びたい

上記に関連しますが、英語学習にお金をかけられるのであれば、ネイティブ講師とのレッスンの方が良いです。

ノンネイティブ講師でも、綺麗な英語を話す講師の方はいますが、どうしても訛りや文法の間違いなどはあるからです。

【不要】アウトプット優先

一方、まだ英会話に慣れておらず、とにかく英語に慣れたい、英語でアウトプットをしてみたい方は、必ずしもネイティブ講師でなくても良いです。

むしろ、ノンネイティブスピーカーの講師の方がフレンドリーで話しやすいことも多いからです。

まとめ

今回は、実際にCamblyの無料体験レッスンを受けた感想やCamblyの特徴や使い方などを紹介しました。

Camblyのワンタップでネイティブと英会話ができる仕組みは、ストレスがなくてすばらしいです。

とはいえ、実際にCamblyの有料レッスンを申し込む場合は少し高いと思うかもしれませんね。

ただし、ネイティブとの英会話を前提にすれば、Camblyの価格は高くありません

繰り返しになりますが、とにかくネイティブ講師と英語をたくさん話したいという方におすすめです。

>>今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】

おすすめの記事