国際恋愛で英語が苦手!遠距離中の喧嘩はどうする?【コツを紹介】

国際恋愛をしている人は、遠距離になってしまう人も多いもの。遠距離であることに不安を感じてしまって、喧嘩になってしまうこともあるかもしれませんね。

近くに住んでいれば、喧嘩してもすぐに会って仲直り……なんてこともできますが、遠距離中だとそれも難しいでしょう。

そこで今回は国際恋愛での遠距離中の喧嘩について、どのように避ければいいのか、もし喧嘩をしたらどうすれば良いのかをご説明していきます。国際遠距離恋愛に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

国際恋愛の遠距離中の喧嘩

国際恋愛の遠距離中の喧嘩

国際恋愛というのは、ただでさえ文化や習慣の違いが影響して、喧嘩になったりうまくコミュニケーションが取れずに悩んだりするものです。

特に相手と英語でコミュニケーションをしている場合、うまく英語で言い表すことができずにジレンマを感じることもあるでしょう。そうしたストレスも重なると、怒りやすくなり喧嘩になることもあるのです。

特に遠距離だと、実際に目の前に相手がいるわけではないので、どうしても表情や雰囲気などを直に感じながら話すことができません。そのために、誤解が生まれてしまって喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

もしもおつきあいを平和に続けて行きたいなら、国際恋愛での遠距離は、日本人との遠距離よりも少し不安やフラストレーションが多くなることを最初から心得ておきましょう。

遠距離中に喧嘩をしてしまったら? 

国際恋愛や遠距離恋愛は、ストレスを感じやすいものだとわかっていても、喧嘩になってしまうこともあるかもしれませんね。そもそも喧嘩をしないカップルなんて稀ですし、喧嘩自体はしても問題ないでしょう。

重要なのは、喧嘩中に怒っているからと言ってひどすぎることを言わないこと。そして、なるべく早めに仲直りをすることです。

喧嘩中のNGワード

特に英語がまだ流暢ではない場合、ボキャブラリーが少ないためにひどいことを言ってしまうこともあります。ニュアンスがわかっていなかったり、その言葉のシリアス度がわかっていなかったりするからですね。

例えば下記のような言葉・フレーズには気をつけましょう。

  • ”fuck”が付く言葉などの罵り言葉
  • I don’t care!(どうでもいい!)
  • 相手の国や宗教を否定する言葉

間違って使わないように、敢えて伏字をせずに書きますが、”fuck”という言葉はとても危険です。ネイティブはかなり使います。でもそれを英語がそれほど流暢ではない外国人が使うと、かなり相手を傷つけてしまうことがあるのです。

上手な使いどころがわかっていないからですね。特に恋人に使うような言葉ではありません。喧嘩をしているとは言え、絶対に使わないようにしてください。

同様に他の罵り言葉も、喧嘩中はすべてNGです。たとえば、もし喧嘩中に女性に”bitch”なんて言ってしまった場合は、二度と話してもらえない可能性も考えておきましょう。

“I don’t care.”はNGというよりも、よく外国人が「大丈夫」「気にしない」という”I don’t mind.”と間違って使ってしまうフレーズです。

特に喧嘩をしようと思っていたわけではなくても、”I don’t care.”と言ってしまった時点で「どうでもいい!」と強く言っているような感じがするので、こちらも使わないのが賢明です。

あとは、フレーズというわけではありませんが、相手の国や宗教を否定するような言葉もNG!どれだけ喧嘩で腹が立っていても、絶対にそういう言葉は言わないようにしてください。かなり相手を傷つけるので、そのまま別れ……なんてことにもなりかねません。

仲直りをするために

遠距離の場合は早く仲直りをしてしまわないと、距離が離れている分、心も離れやすいかもしれません。

ですから喧嘩をしてもすぐに仲直りをするように心がけてください。

しかし、むやみに謝る必要はありません。あなたが悪いことをしたと思っているなら、謝ってもいいのですが、場をおさめるために謝るのはNG。

特に英語の場合、プライベートで場をおさめるための謝罪なんてしないので、「悪いと思ってないのに謝るいい加減な人」だと思われかねません。

特にどちらが悪いということもなく喧嘩になってしまうこともあるでしょう。謝らずに仲直りをするためには、たった一言。

“I love you.”

結構それで解決したりします。(ただし、それまでに相手に”I love you.”と言われたことがある時のみ使ってください。)

また意外と、相手の方は喧嘩をしてもケロッとして連絡してくることもあります。相手の出身国にもよりますが、日本人ほど引きづらない文化の人も多いのです。

遠距離中の喧嘩を避けるコツ

遠距離で国際恋愛をしている場合、できれば喧嘩は避けたいですよね。では、喧嘩を避けるにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは相手を信頼することがとても重要です。どんな恋愛関係であっても信頼することは大事ですが、国際恋愛でさらに遠距離となると、普通よりも障害が多いため、相手を疑ってしまったり理解できなかったりすることもあるでしょう。

しかしそういったときに、その不安を相手にぶつけてしまうと喧嘩になりやすいのです。

相手を信頼していれば、ちょっと理解してもらえなかったときにも、「文化が違うからだ」と思考を展開しやすいでしょう。

また、日頃から文化や習慣の違い、恋愛スタイルの違いなどについて、相手と話をしておくことも重要です。違いを理解しあえれば、それだけ喧嘩になるような場面を回避できるでしょう。

そして何より、日頃から相手のことを大事に思っていることを、ちゃんと言葉にして伝えましょう。日本人は気持ちを言葉にすることがかなり苦手です。そのために、相手の方があなたが本当に自分のことを好きなのか不安に思ってしまうこともあるのです。

慣れないうちは難しいかもしれませんが、気持ちをしっかり言葉にできるように練習してみてくださいね。

まとめ

国際恋愛+遠距離という恋愛をしている人は、意外と多いもの。しかしそんな恋愛も、お互いを思いやっていれば楽しめるはずです。

お互いに異なる文化を理解し合っていけば、絆もどんどん深まるはず。

なるべく不要な喧嘩を避けて、国際遠距離恋愛を楽しんでくださいね。

おすすめの記事