Language Exchangeで時間を無駄にしない進め方

ネイティブと気軽に会話ができるLanguage Exchange。

ネイティブとの会話は楽しいですが、慣れてくると惰性で続けてしまいがちですよね。そうなると、Language Exchange自体がめんどくさくなってしまうことも。

私もそう感じていたのですが、最近アメリカ人とLanguage Exchange(オンライン)をして良い進め方に気づいたので、参考までに紹介します。

結論は「事前に教えてほしいことを決める」と「会話の主導権を握る」です。

こう書くと難しそうですが、実践してみると全然難しくないですよ。

Language Exchangeの良くない進め方

まず、Language Exchange でよくない進め方です。

たぶん、8-9割くらいの人が以下のように進めているのではと思います。

最初に自己紹介。

次に、相手の国のことやなぜその言語を勉強しているのかを聞く。

そうこうしているうちに30分くらい過ぎる。

その後、それっぽい感じで会話を続け終了。

上記の流れで、たしかに相手のことや文化を知れて良かったかもしれませんが、これだと語学力向上につながりにくいです。

というのも、英語力をあげていくためには「自分のできることの範囲を広げていく」必要があります

たとえば、新しい単語が発音できるようになった、これまで聞き取ることができなかった音が理解できるようになった、などです。

では、次にどうすればよいか解説します。

Language Exchangeの効果的な進め方

冒頭のとおり、ポイントは以下の2つです。

  • 事前に英語の質問を考えておく
  • 実際の会話では主導権を握る

事前に英語の疑問を考えておく

まず、現在、英語で困っていることを簡単に振り返ります。

たとえば、多くの日本人と同じように、「LとRの発音」や「VとBの発音」がうまく発音できなかったり聞き取れなかったとします。

そこで、上記を実際の会話で質問する、と決めます。

というのも、自分でGoogleで検索したりYoutube動画をみたりで独学学べますが、実際にネイティブに正しく伝わっているかは、試さないとわかりませんよね。

そんなかんじで、1回のLanguage Exchangeで少なくとも1個頭で覚えておきます。

実際の会話では主導権を握る

上記のとおり、事前に教えてほしいことを洗い出したら、あとは聞くだけです。

とはいえ、こちらから質問を切り出さないと、絶対に教えてもらえることはありません

緊張したり、かしこまったりする人もいるかもしれませんが、不要です。

I just have a question about~. 

と切り出すだけです。

私は、これまでたくさんのネイティブとLanguage Exchangeをしてきましたが、質問して嫌なことをされたことは一回もありません

というのも、Language Exchangeとはそういうものです。質問したら嫌な顔をさるかな、とかは気にする必要はありませんよ。


というわけで、Language Exchangeで時間を無駄にしない進め方の紹介でした。

もし進め方で困っている人は、ぜひ試してみてください。

おすすめの記事