カナダ留学の感想 → 悪くはないけど、今なら別の留学先を選ぶ

こんにちは。

今回は、「カナダって留学先としていいな、でも実際どうなの?」と思っている人向けに、カナダ留学の感想を紹介します。

私は大学3年終了後に1年間休学してカナダ(バンクーバー)に語学留学+専門留学しましたが、結論、「カナダ留学は悪くはないけど、今なら別の留学先を選ぶ」と思います。

カナダ留学の感想:悪くはない

カナダ留学の感想:悪くはない

結論、カナダは留学先として悪くはないです。きっと楽しい留学生活を送れると思います。

とはいえ、「英語をしっかりと学びたい」もしくは「専門性を身につけたい」場合はちょっと微妙かなと思います。

留学先として人気の一方、日本人が多い

カナダ(バンクーバー)は気候もよく自然も多いので、留学生にとって人気の都市です。

実際、天気の良い日にスタンレーパークでサイクリングは最高でした。

一方、カナダには日本留学生がたくさんいます。そのため、必然的に日本人同士でいる時間が長くなってしまい、ついつい日本語を話しがちです。

僕も最初の3ヶ月間は英語しか話さないと決めて、日本人とは英語を話していましたが、どこか不自然さを感じたのと日本語の方がコミュニケーション早いと思って、結局、日本人同士では日本語で話すことにしました。

意思が弱いと言われれば、それまでですが、留学先でわざわざ無理して変なストレスを感じてしまうこともないのかなと。

というわけで、留学しても日本語ばかり使ってしまうリスクはあります。

英語に飽きたときの選択肢が限定的

語学留学で英語ばかり勉強していると、正直、飽きます。

というわけで、専門的なことを勉強したいと思いますが、カナダ(バンクーバー)の場合、

  • 旅行・ホテル系の専門学校が多い
  • 学費が高い

です。

カナダという土地柄も関係性しているのでしょうがない部分はありますが、結構選択肢が狭いです(ちなみに私は貿易系の専門学校に通い、FITTというディプロマを取得しました...)。

たとえば、最近流行りのプログラミングやデザインを学びたいと思ったら、学べる学校はありますが数が少ないのと、基本的に学費は高いです。

ちなみに、学費は学校・コースにもよりますが、50-100万円以上は考えておいた方がいいです。

生活コストがそれなりにかかる

学費にくわえて、カナダでの生活費は基本的に東京と同じくらいです。

たとえばホームステイをすれば、月に6-8万円かかり、交際費や携帯代をいれれば、生活費だけで月に10万円くらいはかかります。また留学すると、なぜかスタバなどのカフェで勉強したくなるので、カフェ代も積み重なると結構負担になります。

一方、学生ビザではバイトができないので、毎月支出のみが発生します。

あと、完全に余談ですが、僕は最初のホームステイ先でお金を貸してといわれたりしたので、ホームステイにあまりいい印象はないです。詳しくはこちらの記事に書いています。

というわけで、カナダ留学もいいですが、英語に飽きてくる可能性や生活費用を考えると、今なら、別の留学先を選びます。

今ならフィリピン留学を選ぶ

今ならフィリピン留学を選ぶ

IT・プログラミング分野の深刻な人手不足

世の中のトレンド的に、IT・プログラミング領域は深刻な人手不足です。

現時点で17万人不足していますが、経済産業省の2030年の見通しでは、以下のシナリオのもと、最大79万人不足すると、言われています。

  • 低位ケース:約41万人が不足
  • 中位ケース:約59万人が不足
  • 高位ケース:約79万人が不足

(参考:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

上記の市場環境のため、IT・プログラミング領域は労働人口の需給バランスが崩れ、圧倒的な売手市場です。今後ますますエンジニアの給料が上がることは間違い無いです。

なので、今なら、英語とあわせて「プログラミング」を学びます。

生活費や学費が安い

前述のとおり、カナダの専門学校でもプログラミングを学ぶことはできます。

とはいえ、生活費・学費を考えると、僕ならフィリピンを選びます。

また、なにも最初からフィリピン留学しなくても、英語だけカナダで学び、そのあとフィリピンでプログラミングを学ぶということも全然できます。

もし、プログラミングなんて全然わからないという人もでも大丈夫です。

上記のとおり、完全な売り手市場で一からプログラミングをはじめる人がどんどん増えてますよ。


というわけで本日は以上です。

まだ、カナダ留学、フィリピン留学についてわからない人は、ぜひこれを機に調べてみてください。

おすすめの記事