オンライン英会話で緊張して英語を話せない人と話せるひとの違い【言い訳注意】
この記事を書いた人

こんにちは。

いきなりですが、オンライン英会話で英語を話すとき、緊張しますか。

僕はまだ緊張することはありますw

では、オンライン英会話で緊張して英語を話せないにとはどのような特徴があるのでしょうか。

本日はこの点について深掘りします。

オンライン英会話で緊張して英語を話せない人の特徴

緊張して英語を話せない人の特徴

以下のとおりです。

  • 自分に自信がない
  • ストレス耐性が弱い
  • 人見知り

それぞれ簡単に解説します。

特徴①:自分に自信がない

英語力は緊張の原因ではない

まず、オンライン英会話で「英語をうまく話せる ≒ 緊張しない」、ではありません。

たとえば、日本人が日本語を話すときでも緊張することはありますよね。また、自分より年齢・スキルが上の人と話すとき、大勢の聴衆の前で話すときに緊張したりすると思います。

なので、英語力が直接の緊張の原因ではないです。

むしろ、相手との関係性が緊張を生んでいます。

自分より相手が上に感じてしまうと緊張する

前述のとおり、自分よりも相手が上に感じてしまう場合に緊張します。

一方、自分に自信がある人は、誰に対しても堂々と話しますよね。

たとえば、本田選手です。

英語がネイティブじゃなくても堂々と話していますよね。

特徴②:ストレス耐性が弱い

オンライン英会話で英語を話すと聞き取ってもらえないこともあります。

これは僕も経験したことですが、よくあるのが、自分の英語が伝わらず「は〜ん」と冷たい感じで聞き返されたりしたときですね。

冷たい感じで返されてしまうと、逆に相手に申し訳なく感じてしまいます。

すると、どんどん発言しなくなってしまいますよね。

そしていざ発言すると、緊張してしまうわけです。

特徴③:人見知り

最後にもともと人見知りの場合です。

人見知りの人は外国人・英語に関わらず緊張するので、ある程度仕方ないことです。

僕も人見知りなのでその気持ちはよくわかります。

よく慣れの問題と言われますが、すぐに実践できるわけでもないですよね。

というわけで、オンライン英会話で英語を話すときに緊張する人の特徴を解説しました。

オンライン英会話で緊張しないために

少し精神論になりますが、オンライン英会話で緊張しないためには、数をこなして自信をつけるしかないと思います。自信がつくと、英語を堂々と話すようになるので、聞き返されることも少なくなります。

こういうと、がっかりした方もいるかもしれませんが、オンライン英会話は数をこなすには最適なツールです。

というのも、

  • 毎日受けられる
  • プランによっては1日複数回受けられる
  • さまざまな国の講師がいる

からです。

オンライン英会話でいろいろな講師と毎日レッスンを受けるようになれば、次第に緊張しなくなりますよ。

短絡的に感じたかもしれませんが、実際、オンライン英会話のレッスンを続けると、緊張しなくなります。

最初は緊張したものの、徐々に慣れていった感じですね。

何も、これは特別な例じゃないです。

僕も最初、英語を話すことは緊張しましたが、留学や駐在を経験して英語に自信がつくと次第に緊張しなくなりました。

シンドイですが、継続しかありません。


というわけで本日はオンライン英会話で緊張する人の特徴について紹介しました。

解決先は、継続しかないですが、実際オンライン英会話はほとんどの人が継続できません。

もし1-2年と継続できれば、自信を持って良いと思います。それくらい続ければ、緊張もしなくなります。

繰り返しになりますが、継続しかないです。

もし、まだオンライン英会話を始めてない...、っとう方がいれば以下の記事を参考にしてください。

本日は以上です。

おすすめの記事