留学しても語学学校で失敗?安易に通っても搾取されるだけ

こんにちは。

留学を考えている際、まず語学学校選びから始める人も多いと思います。

とはいえ、語学学校はどこもそんなに変わらず、安易に選んでしまうと単に搾取されるだけです。

結論、しっかりと英語を身につけたいなら「マンツーマンレッスン」の方がいいです。

実際、私はカナダの語学学校で3ヶ月間グループレッスンを受けたことがあるので、その経験をもとに解説します。

語学学校の落とし穴

語学学校の落とし穴

語学学校のメリットはもちろんあります。

たとえば、英語を学ぶ場所として安心、外国人の友達を作ることができる、などです。

そのため、留学の目的が「楽しい留学ライフを送る」であればいいですが、留学先でしっかりと英語を身につけたいと思っているなら、安易に選んでしまうのは危険です。

理由は以下です。

  • 英語を話す時間が思ったほどない
  • 英語の基礎から学ばないといけない
  • 日本人が多い

ひとつずつ簡単に解説します。

英語を話す時間が思ったほどない

語学学校の授業は基本的にグループレッスンで行われます

つまり、講師が専用のテキストやプリントを使って授業をすすめるスタンスです(いわゆる講義形式)。

もちろん、テキストやプリントには会話問題がついていますが、実際の会話時間もそれほど多くはありません。

いちがいには言えませんが、たとえば60分や90分のクラスの場合、実際に英語を話すのは5分ほどです

スピーキング専用のクラスもありますが、グループレッスンなのは変わらないため、英語を話す時間は通常クラスよりも少し増える程度です。

もうひとつ付け加えると、基本的に留学生同士の会話練習になります。留学生同士の場合は訛りがあったり恥ずかしがったりするので、お互いに英語の間違いを指摘し合うのは難しいです。

英語の基礎から学ばないといけない

日本人は学校教育で英語の文法・リーディングを中心に学んでいるため、文法は得意という人は多いと思います。

とはいえ、語学学校では基礎から学びます。もちろんレベル分けはされますが、基本的にテキストやプリントを使うため、文法を学ばない時間がなくなるわけではないです。

つまり、せっかく語学学校に通っても、自分がすでに習得している英語の基礎を学び直さないといけない可能性はあります。

正直、文法・リーディングについては、日本で独学でも学べるため、結構時間の無駄に感じてしまうことも多いです。

日本人が多い

語学学校にはたくさんの日本人がいます。

留学しても、ずっと日本語を話してしまい、全然英語が身につかない、というのはよくある失敗パターンです。

もちろん、日本人同士でも英語しか話さないことはできますが、意思疎通がめんどくさくなり、結構ストレスになってきます。

まとめると、語学学校には上記のデメリットがあるため、安易に選ばない方がいいです。語学学校に通っても、自分が思い描いていた学校生活や授業内容と違うということは十分起こりえます。

英語を学ぶなら:マンツーマンレッスン

語学学校で英語を学ぶなら:マンツーマンレッスン

もし、語学学校で「しっかりと英語を学びたい」なら、「マンツーマンレッスン」がおすすめです。

マンツーマンレッスンであれば、語学学校・グループレッスンの落とし穴を回避できます。

マンツーマンレッスンのメリット

英語を話す時間が長い、講師が直接間違いを修正してくれる

マンツーマンレッスンのいいところは、英語を話す時間が圧倒的に長いこともそうですが、会話相手が「講師」という利点もあります。

前述のとおり、グループレッスンの場合は留学生同士で話すことになりますが、マンツーマンレッスンでは、講師の正しい英語を聞いたり、講師が直接自分の間違いを修正してくれます。

自分にあったレッスン内容を決めることができる

グループレッスンでは全体最適で授業内容が決められていますが、マンツーマンであれば、自分最適でレッスン内容を決めることができます。

たとえば、発音が気になれば徹底的に発音矯正に努めることもできますし、海外就職を目指すなら英語での面談対策も可能です。

ようするに、自分の目的にあったレッスンだけ受けることができます。

マンツーマンレッスンのデメリット

一方、マンツーマンレッスンにはデメリットもあります。

それは「レッスン料」です。

マンツーマンレッスンの場合、グループレッスンに比べてレッスン料はかなり高くなります。

たとえば、カナダ・バンクーバーの語学学校「LSI - Language Studies International」の場合、グループレッスンとマンツーマンレッスンの価格の違いは以下のとおりです(2020年3月9日時点)。

1週間あたり20レッスンの場合。

  • グループレッスン:カナダドル350(約28000円)
  • マンツーマンレッスン:カナダドル1900(約152000円)

つまり、5倍以上違います。上記の語学学校の場合、1ヶ月マンツーマンレッスンを受けると、60万円を超えてきます。

そのため、長期留学だと金銭的に難しくなるかもしれません。滞在費もかかりますし。

それでもマンツーマンレッスンを受けたい、または長期留学を考えている場合は、フィリピン留学をおすすめします。

カナダのグループレッスンとだいたい同じくらいの価格でマンツーマンレッスンを受けることができます。

また、フィリピン留学は滞在費も安いので、全体的な費用も抑えることができます。


というわけで、留学する場合、しっかりと英語を学びたいならマンツーマンレッスンの方が良いという話をしました。

とはいえ、マンツーマンレッスンは高いので、それでも受けたいと思う場合はフィリピン留学を検討した方がいいと思います。

以上です。

おすすめの記事