通勤時の英語学習で失敗しないコツとおすすめアプリを紹介

こんにちは。

忙しいビジネスマンにとって、通勤時間は貴重な英語の勉強時間ですよね。

とはいえ、自宅やカフェなどの固定席で勉強する場合と違うので最初は戸惑ってしまうかもしれません。

僕は通勤時間中にアプリで勉強したりよくリスニング教材を聞いてたので、そのときの経験をふまえて、通勤時間中有意義に勉強できる方法を紹介します。

通勤時の英語学習で意識すべきこと

まず最初に通勤時の英語学習で意識すべきことです。3つあります。

  • 立った状態でテキストは広げない
  • 当日分は翌日に持ち越さない
  • 英語の口パクを恥ずかしがらない

それぞれ簡単に解説します。

立った状態でテキストは広げない

※これは基本マナーなので不要なら飛ばしてください。

通勤時間はとにかく人が多いです。

満員電車の場合もあり、テキストを広げると周囲の迷惑になってしまいます。

テキストを広げて勉強したい気持ちをぐっと押さえ、テキストは座席に座れたときのみ利用しましょう。

当日分は翌日に持ち越さない

通勤時間は毎日同じ時間にあるので、勉強リズムをつかみやすく最適な時間帯です。

とはいえ、無計画に勉強を進めるのはおすすめできません。

かならず、その日の通勤時間中に完了できるボリュームだけを、勉強範囲にします。

たとえば、英語の記事を読む場合、通勤時間中に読み合わらないからといって、次の日に持ち越すのはやめましょう。学習リズムが崩れてしまうからですね。

むしろ、その日に読み終わるよう、読む範囲を少なく調整する方がマシです。

英語の口パクを恥ずかしがらない

通勤時にリスニング教材を聞くことはよくあると思いますが、せっかくなら口も動かしましょう。

英語を話すことは日本語と違う口周りの筋肉を使うので、日頃からの練習が欠かせません。

ここで恥ずかしがり英語を口ずさむことを戸惑ってしまっては、通勤時間がもったいないです。

通勤時におすすめのアプリ

通勤時におすすめのアプリ

上記をふまえると、通勤時は「スタディアプリ」を利用して勉強することをおすすめします。

スタディサプリ

スタディサプリは、4技能(リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング)がバランスよく学べるアプリで、それぞれ、1セッション3分で完了するように設計されています

そのため、当日の勉強分を翌日に持ち越すことがなく、また3分なら毎日継続して勉強することができるので、通勤時間に最適なアプリです。

スタディサプリには目的に応じて以下のアプリがあります。

いずれも7日間の無料トライアルがついているので、とりあえず試してみて気に入れば使う感じでいいです。

ただし、7日間が過ぎると自動的に課金されてしまうので、もし継続したくない場合は7日以内にキャンセルすることを忘れないでください。キャンセルはアプリ内でできます。

なお、少し付け加えると、スタディサプリには以下のデメリットがあります。

  • 手がふさがってしまうと使えない
  • 有料プランじゃないと十分に使えない

そこで、無料で使えるリスニング教材用アプリもあわせて紹介します。

Podcast

Podcastは、無料ラジオのようなもので、コメディやトーク、スポーツ、エンターテイメントなど様々なジャンルの番組を楽しむことが出来ます。

Podcastのアプリは速度調整やリピートもできるのでリスニング用としてはとても便利です。

Podcast の詳細は以下の記事を参考してください。

以上です。

おすすめの記事