ワーホリ前にフィリピン留学したら遊んで働かなくなる【やめとけ】

こんにちは。

ワーホリ前に英語力が不安な人は、留学費用の安いフィリピン留学を考えている人も多いと思います。

たしかに、フィリピン留学は滞在費も安いので、英語圏の語学留学 → ワーホリに比べ安上がりです。

僕は残念ながらワーホリもフィリピン留学も行けずに後悔していますが、セブ島には社員旅行でいったことがあるので、セブ島の楽しさはよくわかっています。

そのため、ワーホリ前にフィリピン留学したら遊び癖がついて、ワーホリ後に全然仕事を探さず遊んでしまうんじゃないかと。

フィリピン留学の誘惑

フィリピン留学の誘惑

フィリピン留学はセブ島が多いです。セブ島は以下のとおり。

  • 物価が安い
  • 自然・アクティビティが盛ん
  • ナイトライフも楽しい

つまり、日常生活にはたくさんの誘惑があり、そして安く遊ぶことができます。

実際にフィリピン留学しても誘惑に負けてしまう人も多いです。

そのため、現地での遊びに慣れてしまった結果、ワーホリ後は全然仕事を探す気にならない、といったこともありえます。そんな感じだと、当然英語も身につかないですよね。

とはいえ、下記のようなメリットもあるので、「女性で英語初心者」であれば、ワーホリ前のフィリピン留学も選択の余地ありです。

  • 留学費用が安い
  • マンツーマンレッスンが中心
  • フィリピン人の英語は聞き取りやすい

ひとつずつ簡単に解説します。

フィリピン留学のメリット

留学費用が安い

繰り返しになりますが、フィリピン留学は安いです。

一般的に、欧米の語学留学の約半額程度と言われています。

つまり、欧米では、1ヶ月間留学して30-40万円かかるところ、フィリピン留学なら15-20万円に抑えることが可能です。

ワーホリ後、すぐに働き先が見つかるとは限らないと思うので、できる限り手元資金を残しておくためにも、留学費用の安さは魅力的です。

マンツーマンレッスンが中心

フィリピン留学の特徴のひとつはマンツーマンレッスンです。

一方、欧米に語学留学をした場合、ほとんどグループレッスンです。

グループレッスンは講義形式になってしまうため、

  • 必然的に英語を話す時間が短くなる
  • 留学生同士で会話練習

、とスピーキング力を伸ばすにはデメリットが多いです。

実際に、僕もカナダの語学学校に3ヶ月間通った経験がありますが、1コマ60-90分の授業で自分が英語を話す時間は5分-10分くらいだと思います。

一方、マンツーマンレッスンであれば、講師からスピーキングの指摘をもらえたり、発音矯正や単語・フレーズの使い方など、細かい部分まで教わることができます。

ワーホリで働くことを考えると、文法やリーディングよりも、コミュニケーション能力が求められるので、英語を話す時間が長いマンツーマンレッスンは魅力的です。

フィリピン人の英語は聞き取りやすい

英語初心者にとって、ネイティブの英語は早くて荒い(リエゾン多い)ので最初はかなり聞き取ることが難しいと思います。そこであまりにも聞き取れず自信喪失してしまうこともあります。

一方、フィリピン人の英語は一つ一つの単語をはっきりと発音するので英語初心者でも聞き取りやすいです。

この留学がワーホリ前の準備期間と考えると、まずはフィリピン人の英語でリスニングに慣れるというのは、全然ありです。


というわけで、「女性の英語初心者」なら、ワーホリ前のフィリピン留学はあり、という話でした。

本日は以上です。

おすすめの記事