オンライン英会話でカメラオフは辞めた方がいい【印象悪いだけです】

こんにちは。

オンライン英会話でいつもカメラオンにしていますか。

もしカメラオフにしてたら、次からはオンにした方がいいですよ。

とにかく先生からの印象が悪いだけでメリットは薄いからです。

オンライン英会話でカメラオフは辞めた方がいい理由

オンライン英会話でカメラオフすれば、部屋着・メイクなしで受けられるので楽です。

たしかにわざわざレッスンのために着替えたり・メイクしたりするのは面倒です。

その点は納得です。

とはいえ、いろいろ問題もあります。

  • 先生からの印象が悪い
  • 発音の指摘が受けられない
  • お金を払っているのに、コスパ悪い

ひとつずつ簡単に解説します。

先生からの印象が悪い

カメラオフすると自分は楽ですが、たとえば、逆の立場ならどうですか。

自分が先生だとすると、生徒にカメラオフされると嫌じゃないですかね。

もちろん先生によって受け取り方は変わりますが、少なくとも積極的に話したいとは思わないはず。

つまり、お金を払って英会話レッスンを受けているのに、自分からコミュニケーションをしづらくしているということです。

そうすると、レッスンの効果も半減します(具体的にどのくらい影響があるかわからないため、とりあえず「半減」という表現にしています)。

余談ですが、僕が10年くらい前にオンライン英会話を受けたときは先生側がカメラオフでしたねw 食べ物をくちゃくちゃ、パソコンぱちぱち、かなりやばかったですね。

最近もなんどかオンライン英会話を受けてますが、ちゃんとしていて問題はないです(為念)。

発音矯正が受けられない

カメラオフの場合、声は聞こえますが、表情・口周りが確認できません。

英語は日本語と口周り使い方が違ったりするため、先生側も口の動かし方・舌の位置で発音の仕方を説明します。

なので、カメラオフだと、実際に正しく動かせているのか判断できないです。

結果、発音矯正が受けられません。

お金を払っているのに、コスパ悪い

上記のとおり、カメラオフにすると、レッスン中にいろいろ支障がでてきます。

オンライン英会話は英会話スクールに比べ安いといっても、月に5000-10000円くらいしますが、結局自分からコスパを悪くしているだけです。

というわけで、結論、「オンライン英会話ではカメラは常にオン」にしましょう。

オンライン英会話のおすすめカメラ

オンライン英会話のおすすめカメラ

最近のパソコンにはWebカメラが付いてることが多いです。

もしついていれば、パソコン内蔵のものでまったく問題ありません。

一方、パソコンについてないよ、という人は別途購入が必要です。

Webカメラメーカーで世界最大手の「ロジクール」がおすすめですよ。


というわけで、オンライン英会話ではカメラオンにした方がいいよという話でした。

なお、まだオンライン英会話を始めてなかったら、こちらにおすすめをまとめています。

よかったらどうぞ。

本日は以上です。

おすすめの記事