オンライン英会話で「TOEIC対策」レッスンは受けなくてもいい話
Background photo created by freepik - www.freepik.com

オンライン英会話にはTOEIC対策レッスンがあり、主にリーディング/リスニングを講師と一緒に学習します。

もし、TOEICの勉強をしていれば、気になっている人も多いはず。

とはいえ、ぶっちゃけあまり有益ではないです。

そこで今回は、オンライン英会話ではTOEIC対策レッスンを受けなくても良い理由を解説します。

オンライン英会話でTOEIC対策は微妙な理由

オンライン英会話でTOEIC対策は微妙な理由
Woman photo created by freepik - www.freepik.com

理由は以下の通り。

  • リーディング/リスニングは独学可能
  • 教材がサイト上だと復習しづらい

それぞれ簡単に解説します。

リーディング/リスニングは独学可能

基本的にTOEIC対策レッスンでは、講師と一緒にオリジナル模擬問題を解いていきます。

それ自体を否定するわけではありませんが、世の中には独学でTOEICの点数をあげた人はたくさんいます。

オンライン英会話のTOEIC対策に何か特別なノウハウがあれば別ですが、TOEIC高得点のノウハウ自体はインターネット上にたくさん転がっているので、ほとんどの人はそれをみて独学しています。

つまり、あえてTOEIC対策レッスンを受ける必要はないと思います。

あとは、Twitterでも「オンライン英会話のTOEIC対策でスコアアップした!」、といったツイートはなかったので、あまり活発に使われてないのかもしれないです。

教材がサイト上だと復習しづらい

オンライン英会話の教材はすべてサイト上にあるため、復習しづらいです。

たとえば、スキマ時間や通勤中に復習したいと思っても、わざわざPCを広げて、、となってしまうので、めちゃくちゃ不便です。

一方、

TOEICのリーディング/リスニングは模擬問題を繰り返しやることで、割と高得点がとれたりします。

なので、みんなTOEIC公式問題集を繰り返しやるわけですが、オンライン英会話の教材だと、こういった反復練習ができません。復習のたびに毎回PC立ち上げるとすると、たぶん萎えて続かないです。

以上の理由から、オンライン英会話でTOEIC対策レッスンは正直微妙だと思います。

といいながらも、オンライン英会話でTOEIC S&W対策はアリ、だと思います。

オンライン英会話でTOEIC S&W対策はアリな理由

オンライン英会話でTOEIC S&W対策はアリな理由

TOEIC S&Wとは、SpeakingとWritingの試験です。

TOEIC S&W対策がアリな理由は以下のとおり。

  • 講師から発音矯正してもらえる
  • ライティングは添削が一番伸びる

それぞれ以下で解説します。

講師から発音矯正をしてもらえる

日本人が英語を話す上で一番苦労するのは発音です

リーディング/リスニングは答えが決まっているので独学に向いていますが、発音やイントネーションに関しては自分で良い悪いを判断するのはハードルが高いです。

一方、

TOEICのSpeakingでは、特に最初の音読問題で発音とイントネーションが重要視されます。また、発音とイントネーションが改善できれば基本的にすべてのパートで活きます。

なので、講師から発音矯正してもらえれば、全体スコアの底上げにつながる、というわけです。

ライティングは添削が一番伸びる

ライティングも添削が効果的です。上記のスピーキングと同じですが、自分の書いた英文が正しいかを判定するのは結構難しいです。

日本人は文法が得意ですが、たとえば「a」と「the」の違いや冠詞をつけない場合など、こまかい部分で結構ミスをおかします。

そもそも、英語と日本語は全く違う言語なのでミスは仕方ないのですが、英文を添削してくれる人がいないと、ぶっちゃけ改善しようがないです。

地味ですが、ライティング力を伸ばすには、「書く→添削→理解」を繰り返すのがもっとも近道です。

オンライン英会話でTOEIC S&W対策

オンライン英会話のなかで、TOEICのリーディング/リスニング対策を行なっているところはたくさんありますが、実は、S&W対策をやっているところは少ないです。

現状、上記の2つくらいです。

とはいえ、いずれも無料体験レッスンが受けられるので、興味がある人は試した方がいいです。

とにかく、スピーキングとライティングを伸ばすには時間がかかるので、TOEIC S&Wでスコアアップを目指すなら、早めに着手です。

早すぎて損することは絶対ないです。

というわけで本日は以上です。

おすすめの記事