言語交換でおすすめのアプリやサイトを紹介
Woman photo created by drobotdean - www.freepik.com

英語練習の気軽な方法として「言語交換」があります。

言語交換とはお互いに言語を教え合うことです。

たとえば、「英語を勉強している日本人」と「日本語を勉強しているアメリカ人」がパートナーとなり、お互いの学習言語で会話したり、わからないこと教え合います。

そこで今回は言語交換のメリット・デメリットや、オススメのアプリ・サイトを紹介します。

言語交換のメリット

言語交換のメリット
Hand photo created by pch.vector - www.freepik.com

まずは言語交換のメリットです。

  • 基本的に無料
  • ネイティブから添削が受けられる
  • 外国人の友達ができる

それぞれ簡単に解説します。

基本的に無料

言語交換は、お互いに教え合うため基本的に無料です。

たとえば、オンライン英会話で英語を教えてもらう場合は月額5000-10000円かかります。

もちろん、相手に教える必要はないので単純比較はできないですが、価格だけみると圧倒的にコスパがいいです。

ネイティブから添削が受けられる

言語交換では、ネイティブから英文添削が受けられます。

たとえば、

こんな感じです。

これはHelloTalkというアプリですが、ネイティブが英文を添削してくれます。

英語上級者あるいは帰国子女でもないかぎり、自分で書いた英語の正確なジャッジは難しいです

つまり、ネイティブの添削がないと、ずっと間違いに気づくことなく、英文を書き続けてしまう可能性もあります

これも、翻訳会社に依頼すると1文字〇〇円とられてしまいますが、言語交換では無料です。

僕も言語交換をよく利用しますが、この英文添削が一番便利な機能です。

外国人の友達ができる

言語交換を通じて、外国人の友達を作ることができます。

一方、たとえばオンライン英会話の講師は良くも悪くもお金のために、英語を教えています。なので、講師に友達になってほしいといっても、講師からすると「なぜ無料で話さないといけないの?」とウザく思われがちなわけです。

これは、この講師の考えが悪いわけではなく、そもそも目的が違います。

繰り返しになりますが、言語交換の目的は「お互い」に教え合うことです。

そのため、言語交換なら外国人の友達を作りやすいです。

このように言語交換にはたくさんのメリットがありますが、実はデメリットもあります。

言語交換のデメリット

言語交換のデメリット

言語交換のデメリットは以下のとおり。

  • デート・詐欺目的の人もいる
  • 連絡が途切れやすい

デート・詐欺目的の人もいる

言語交換は気軽に始められる反面、なかにはデートや詐欺目的でやっている人もいます。

といった感じです。

言語交換に限らず、インターネットサービスには一定数の詐欺師はいるので、このあたりはしょうがないと割り切った方が楽です。

ただ、一点だけ。

言語交換アプリで、他のSNS(Facebook、LINEなど)に誘導してくる人はほぼ100%あやしいです。

基本的に、言語交換アプリでは、メッセージ・電話・ビデオ通話といったことはできます。にもかかわらず、他のSNSに誘導してくることは別の目的がある可能性が高いです。

なので、そういった人がいれば速攻ブロックするか運営側に連絡してください。

連絡が途切れやすい

言語交換は気軽に始められる分、途中で辞めるのも簡単です。

これは相手も同じで、なんどかメッセージのやりとりをしてても、気づいたら返信が返ってこないことはよくあります。

なので、「そういうもの」という認識は持っておいた方がいいです。

というわけで、言語交換のメリット・デメリットを解説しました。

次におすすめのアプリとサイトを紹介します。

言語交換のおすすめアプリ

言語交換のおすすめアプリは以下の3つです。

  • HelloTalk
  • Tandem
  • Speaky

それぞれ簡単に特徴だけ解説します。

HelloTalk

HelloTalkは言語交換のSNSアプリです。

FacebookやTwitterのようなタイムライン機能があり、他のユーザーの投稿を見ることができます。

  • ユーザー数は1500万人以上
  • DM・電話機能あり
  • 音声投稿もできる

こんな感じで、基本的なSNS機能は搭載。月額6ドルのVIPプランもありますが、無料でも全然使えます。

>> HelloTalkはこちら

Tandem

TandemはHelloTalkと同じ言語交換のSNSアプリです。

  • ユーザー数は500万人以上
  • DM・電話機能あり
  • 登録は審査制

Tandemは誰でもユーザー登録できますが、かならず承認されるかはわかりません。これは運営側のポリシーとして詐欺対策の一環のようです。なので、詐欺・デートのユーザーがうざいと思う人はTandemを試してみるといいのかもしれませんね。

Tandemには、月額7ドルのProプランもありますが、無料でも全然使えます。

>> Tandemはこちら

Speaky

Speakyはメッセージアプリです。そのため、HelloTalkやTandemと違って、SNS機能がありません。

  • ユーザー数は数百万人以上
  • DM・電話機能機能あり
  • 他アプリよりも詐欺ユーザー多め

Speakyは結構詐欺ユーザー多めです。僕も使っていましたが、プロフィール画像が怪しい人からバンバンDMがとどきます。

ただ、そうじゃないユーザーもふくめ、一番相手からのDMが多いです。つまり、メッセージのやりとり頻度は一番多いということです。

Speakyには、月額6ドルのプレミアムプランもありますが、無料でも全然使えます。

>> Speakyはこちら

言語交換のおすすめサイト

言語交換にはアプリ以外に、サイトもあります。

アプリとサイトの大きな違いは以下。

  • アプリ:テキストチャットで言語交換
  • サイト:実際の会話で言語交換

アプリは高機能ですが、オンラインのやりとりに偏っています

一方、サイトはユーザー検索とメッセージ送信くらいしかできないので、直接会ったりビデオ通話で話す相手を探しているユーザーが多いです。

おすすめのサイトは以下です。

  • Conversation Exchange
  • My Language Exchange
  • WeNative

こちらもそれぞれ簡単に特徴だけ解説します。

Conversation Exchange

Conversation Exchangeは言語交換のサイトです。学習言語・地域別に言語交換パートナーを探すことができます。

  • 2006年より運営の老舗サイト
  • DM機能あり
  • 無料で利用できる

といった感じです。

僕もなんども利用したことがあり10-20人と直接会って会話したことがあります。

>> Conversation Exchangeはこちら

My Language Exchange

My Language Exchangeは言語交換のサイトです。Conversation Exchangeと基本機能は同じです。

  • 2000年より運営の老舗サイト
  • DM機能あり
  • DMを送るには有料メンバーシップが必要

他のユーザーにDMを送る場合は月額6ドルのメンバーシップが必要です。ただし、相手からDMを受け取る場合は無料です。

>> My Language Exchange はこちら

WeNative

WeNativeは言語交換のビデオ通話の予約プラットホームです。

少しイメージがつきにくいかもですが、オンライン英会話のように相手のカレンダーにリクエストを送り、ビデオ通話で言語交換をする感じです。

  • カレンダー予約・ビデオ通話の言語交換
  • ビデオ通話は自動録画される
  • リクエストを送るには有料メンバーシップが必要

他のユーザーにビデオ通話のリクエストを送る場合は月額9ドルのメンバーシップが必要です。ただし、14日間の無料トライアルがあります。期間中に解約すれば請求されません。

>> WeNative はこちら


というわけで、今回は以上です。

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

本記事がお役にたてば幸いです!

おすすめの記事