イギリス語学留学!費用ってどのくらいかかる?
Coffee photo created by pressfoto - www.freepik.com

イギリスに語学留学したい人は、その費用についても悩むことがあるでしょう。イギリスは物価が高いですし、どのくらい貯金をすれば留学できるのか、費用を抑える方法はあるのか、気になるところですよね。

そこで今回は、イギリス語学留学の費用を期間別にご紹介していきます。イギリス留学を考えている人は、これを参考に資金を準備しましょう!

期間別!イギリス語学留学費用の例をご紹介!

期間別!イギリス語学留学費用の例をご紹介!

イギリスへの語学留学を考える人の多くが、ロンドンへの留学を希望しているのではないでしょうか。実際ロンドンを選ぶ人はとても多いです。

そこで今回ご紹介する留学費用例は、ロンドンに留学した場合で算出しています。その他地域に留学する場合、ロンドンよりも高くなることは稀で、費用が抑えられることが多いです。

では、早速期間別にイギリス語学留学費用例をみていきましょう。

1ヶ月(4週間)の場合の費用例

  • 授業料:15万〜30万円(入学金等含む)
  • 滞在費:10万〜20万円(ホームステイ2食付き)
  • 現地生活費等:10〜20万円
  • 往復航空券:10万円前後
  • ビザ料金:なし
  • 海外旅行保険:0〜2万円

合計:45〜82万円

1ヶ月の語学留学の場合、少なくとも50万円程度は用意しておきたいところ。観光などもたくさんするつもりなら、もっと余裕をもって資金を準備しておきましょう。

海外旅行保険付帯のクレジットカードを持っていれば、保険に加入する必要はありません。また、日本人は30日以内の留学なら観光ビザでOKです。そのためビザ料金はかかりません。

3ヶ月くらいまでの留学なら、上記費用例の授業料・滞在費・現地生活費等の部分に、滞在月数をかけて、すべてを合計すれば、大体の費用がイメージできるでしょう。

ちなみに3ヶ月くらいまでの留学なら、ホームステイを選ぶのがおすすめです。短期だと学生寮やフラットシェアは高額になりがちですし、短期間だと自炊などで費用も抑えづらいからです。

半年(24週間)の場合の費用 

  • 授業料:30万〜100万円(入学金等含む)
  • 滞在費:50万〜100万円(ホームステイ2食付き)
  • 現地生活費等:50~100万円
  • 往復航空券:10~15万円程度 
  • ビザ料金:0〜2万円
  • 海外旅行保険:6〜12万円

合計:146〜329万円

費用に大きな個人差が生まれてくるのが、半年間の留学です。

半年の場合、現地生活費もずっと抑えることができますし、お得な航空券や、語学学校の授業料割引などを発見できれば、150万円程度でなんとかなることも。

しかし余裕を持って200万円は用意したいところです。

半年だと、アカデミックイヤーという授業料が割安なコースがある語学学校も多いので、そういうコースを狙いましょう。

また半年留学の場合は、ビザが必要になります。短期学生ビザは、イギリスの空港のついた時にも取得できます。その場合は無料ですが、あらかじめ日本で申請して取得しておく場合は、費用が必要です。

半年間の場合は、海外旅行保険も忘れずに申し込んでおきましょう。

1年(48週間)の場合の費用

  • 授業料:50万〜180万円(入学金等含む)
  • 滞在費:80万〜130万円(フラットシェア家賃の場合)
  • 現地生活費等:80〜150万円
  • 往復航空券:10〜15万円前後
  • ビザ料金:2.5~5万円
  • 健康保険料:2万円程度
  • 海外旅行保険:10~15万円

合計:235〜497万円

1年間の留学の場合、フラットシェアなどもしやすく、現地の生活に慣れていくため節約もしやすくなっていきます。また観光などもそれほどたくさんするわけではなくなってくるので、現地生活費も抑えることができるでしょう。

それでも少なくとも250万円程度は費用を準備しておきたいところ。余裕を持って300万円は準備することをおすすめします。

6ヶ月を超える滞在の場合、イギリスの国民保険に加入が義務付けられています。でもそれだけだと、不安なので別途海外旅行保険にも入っておきましょう。

以上が、イギリス語学留学の費用事例です。

イギリス語学留学は上手に費用を節約しよう

他の国の留学費用と比べてみるとわかるのですが、イギリスへの語学留学は費用が高くなりがちです。ですから、この費用例を見て「高い」と感じる人は、ロンドン以外への留学を考えたり、できるだけ費用を抑えられるように、語学学校・滞在方法などを考えたりすることをおすすめします

ロンドンでも、郊外にある学校を選んで、学校から歩いていける場所に住んだりすれば、学費や交通費を抑えやすいですよ。

一方、家賃が高いところにある語学学校は、授業料も高めになる傾向にあります。

また海外旅行保険もバラがけにしたり、自炊中心の生活をしたりといった工夫をすれば、さらに費用を抑えられるでしょう。

物価の高いイギリスでは、上手に節約しながら、しっかり勉強に集中したいですね。

まとめ

イギリス語学留学の費用例を見て、留学を断念したり、他の国に留学先を変えたりする人もいるかもしれませんね。もちろん他の国に留学先を変更するのも選択肢の一つ。

ですが、イギリスでしか経験できないこともたくさんあるので、イギリスが良い!と思う人は、期間を短くしたり、ロンドン以外を選んだりしてイギリス留学を実現させるのもいいのではないでしょうか。

質が良くて授業料がリーズナブルな語学学校もあるので、しっかりリサーチをして後悔しないイギリス留学を実現しましょう!

おすすめの記事