英語のスピーキングアプリと会話しても、結局限界がある件

こんにちは。

最近は、英語のスピーキングアプリは増えてきましたね。

僕もいくつか有料課金してみましたが、素晴らしいアプリも多いです。

とはいえ、まだまだ課題も多いです。

英語のスピーキングアプリの限界

英語のスピーキングアプリで英会話しても、限界があると思います。

理由は以下のとおり。

  • 対面とは環境が違う
  • AIの判定は甘め

それぞれサクッと解説します。

対面とは雰囲気が違う

そもそもスピーキングアプリを使う人は「対面で話すのが苦手」だから使っている人が多いと思います。

実際、

こんな感じ。

なので、対面苦手・シャイの解決手段としてはアリです。

とはいえ、

ずっとアプリと話しても、いざ留学や仕事で必要になったときに相手に英語を話せるか疑問です。

なので、ある程度慣れてたら実践会話に移行する必要があると思います。

AIの判定は甘め

これは仕方ないですが、AIの判定は甘めです。

実際に僕も使っていましたが、結構適当に発音してもOKになります。

とはいえ、

この分野はさらに技術革新が進むことは間違いないです。

なので、個人的にはもう少し技術が追いついてきてから始めた方がいいと思います。

というわけで、スピーキングアプリで英会話しても、限界がある理由でした。

ちょっとサクッと書き過ぎましたが、とはいえ、英語初心者の会社員がスピーキング練習するのはアリです

次は、英語初心者の会社員に向けたメリットを解説します。

英語のスピーキングアプリのメリット

英語のスピーキングアプリのメリット

以下のとおり。

  • AI相手なので気が楽
  • スキマ時間に練習できる
  • 良い評価が得られる

それぞれ次のとおりです。

AI相手なので気が楽

対人で話すと結構疲れます。

時間を予約したり、何を話すか考えたり、、、と仕事でヘトヘトだとめんどくさいですよね。

一方、スピーキングアプリなら相手はAIなので、気が楽です。

なんなら、入浴中に練習してもOK。

スキマ時間にコツコツ練習できる

忙しい会社員でもかならずスキマ時間はあります。

たとえば、毎日10分でも続けることができれば、数ヶ月、半年で考えると結構な時間です。

スピーキングアプリは立ち上げるだけで使えるので、空き時間にサラッと練習できるので便利です。

良い評価が得られる

後述しますが、実際の発音がイマイチでも、スピーキングアプリでは結構良い評価を得られることが多いです

これは賛否両論ありますが、英語初心者のうちはこの方がいいと思います。

というのも、

英語初心者のうちは、相手に伝わらないことで挫折することもあります。

一方、スピーキングアプリだと、褒められるわけです

評価に気を良くして続けられたら、最初のうちはそれで100点です。

おすすめのスピーキングアプリ

以下の2つです。

  • SpeakBuddy
  • Andy

それぞれサラッと解説します。

AI英会話アプリ「SpeakBuddy」

引用:AI英会話SpeakBuddy - App Store

国内のAI英会話アプリではNo.1のダウンロード数です。

無料トライアル期間はありますが、基本有料(月額1950円)です。

実際、僕は数ヶ月間課金して利用したので、その経験をふまえ、簡単に特徴だけ書きますね。

  • リーディング・リスニングも学べる
  • ビジネスなど各シーンにあわせて必要な単語・会話が学べる
  • 発音判定は結構甘い

発音判定は結構甘いです。ただし、繰り返しになりますが、英語初心者は逆に嬉しいかもしれません。

こんな感じ。

発音「S」、流暢さ「S」だと誰でも気をよくしちゃいますよね。

とはいえ、SpeakBuddyで利用される表現は結構定型的です。

たとえば、海外駐在での実務英語と比べると結構差があります。そんな固い表現ばかり使わない、、、っといった感じです。

あと、注意してほしいことが一点。

ダウンロードして無料期間を過ぎてしまうと自動的にApp Storeで課金されてしまいます。

余談ですが、僕はこれに気づかず、使わなくなった後も3ヶ月以上課金されてました。。。

なので、そのあたりは注意してくださいね。

>> AI英会話アプリSpeakBuddy」はこちら

Andy

引用:Andy - App Store

AndyはAIのチャットボットです。

  • 無料で利用可能(ただし有料プランあり)
  • 1秒ほどで返信がくる
  • 単語・文法のレッスンがある

ちょっとイメージつかないかもなのですが、

こんな感じで。

こちらのメッセージ対して1秒ほどでどんどん返信がきます。

とはいえ、テキストチャット。

なので、こちらは音声入力にすれば、スピーキングボットとして会話練習できます。

というわけで、発音判定はスマホの音声入力になります。。。

>> Andy はこちら


というわけで、本日は以上です。

繰り返しになりますが、英語のスピーキングアプリだけで、実践的な英会話を学ぶことは難しいです。

とはいえ、英語初心者の会社員がスキマ時間に練習するのはアリだと思います。

いずれにしても、まずは試してみることが大切です。

それでは英語のスピーキング学習頑張ってくださいp(^_^)q

おすすめの記事