保育園は英語でなんていうの?関連フレーズもあわせて紹介

こんにちは。

僕は自己紹介でよく子供のことをいいます。

子供は3歳と1歳ですが、2人とも保育園にいっているので、保育園の話もします。

実は、英語には保育園を表す表現は複数あります。

そこで今回は、保育園の英語表現や関連フレーズについて紹介します。

保育園の英語表現

保育園の英語表現

繰り返しになりますが、英語で保育園をあらわす表現は複数あります。

  • Daycare
  • Nursery
  • Preschool
  • Kindergarten

なお、先に補足すると、

アメリカ英語でよく使われる表現と、イギリス英語でよく使われる表現といった違いもあります。

では、例文と合わせそれぞれ解説します。

Daycare

日本でいう保育園で、子供を預かってくれる施設です。

僕も保育園を表す単語として「Daycare」を使っています。

Daycareはアメリカ英語でよく使われる表現で、例文をあげると、

  • I'll probably start part-time if I find daycare. (保育園が見つかれば、パートを始められます。)
  • Daycare is closed on the weekend.(保育園は週末閉まっています。)

こんな感じです。

なお、Daycareの語源は、Day+careで、1日中、子供をケアする意味です。

なので、日本保育園では基本的に月額料金(一時保育除く)ですが、米国などでは1日単位の料金設定のところもあります。

Nursery

Nurseryは保育園の意味でイギリス英語でよく使われます。

その際、Nursery schoolとよくいいます。

たとえば、

  • I have applied to enrol my children in nursery school.(わたしは子供たちを保育園に登録しました。)
  • Nursery school is for parents who can not look after their children at home.(保育園は子供の面倒をみれない親のためにあります。)

こんな感じです。

ここからは幼稚園の表現になります。

Preschool

Preschoolは就学前の教育施設です。

教育を行うという意味で、日本でいう幼稚園にあたります。

Preschoolは、アメリカ英語でもイギリス英語でも使います。

たとえば、

  • Children may enter preschool at age 3. (子供たちは3歳からプリスクールに入学するかもしれません。)
  • Preschool provides children the opportunity to develop their languages and cognitive skills.(プリスクールは子供たちに言語や認知力を鍛える機会を提供します。)

というわけで、最後にKindergartenの説明をします。

Kindergarten

Kindergartenは幼稚園です。アメリカ英語でもイギリス英語でも使います。

プリスクールと同じで子供能力開発を支援してくれますが、以下のような違いがあります。

引用:DIFFERENCE.WIKI「Difference Between Preschool and Kindergarten」

なので、Preschoolは、

  • Kindergartenよりも子供の年齢が若い
  • Kindergartenの1つ前のステップといえます。

といった感じです。

というわけで、長くなりましたが、ざっくりまとめると、

アメリカイギリス
保育園DaycareNursery
幼稚園Preschool / KindergartenPreschool / Kindergarten

っといった感じです。

とはいえ、あくまでもよく使うという感じなので、イギリスでNurseryは通じないと言うわけではないと思います。

保育園に関する英語フレーズ

保育園に関する英語フレーズ

フレーズのイメージを掴みやすくするため、ツイートとあわせて紹介します。

保育園に預ける

“Leave one’s kids in daycare”.

「預ける」は"leave"を使います。

お金があったら、仕事を辞める。そして、保育園に子供を保育園にあずけなくてもいい。


というわけで本日は保育園の英語表現や関連フレーズについて紹介しました。

英語で保育園の説明をする際に役立てば幸いです。

それでは本日は以上です。

おすすめの記事