台風は英語でなんていうの?【語源や例文も紹介】
この記事を書いた人

こんにちは。

日本で台風はよく発生しますよね

海外の人と話しても、台風の多い国って認知されてることが多いです。

そこで今回は台風の英語表現について紹介します。

英語で台風は?

英語で台風は?

台風は英語で”Typhoon”

台風の英語はTyphoonです。タイフーンと読みます。

ちょっと台風と似てますよね。少し語源をみてみましょう。

語源

Typhoonの語源

Typhoonの語源をさかのぼると、

Its ultimate origin is generally thought to be Sinitic 大風 ("big wind", Mandarin dàfēng, Cantonese daai6 fung1).

引用:Wikitionary

といった感じで、中国語の「大風」からきているようです。

台風の語源

一方、日本語の「台風」の語源は諸説あります。

そのひとつは、アジア圏でTyphoonの訳語をつくる際に、日本では「台風」と訳すことにしたというものです。

なので、台風とTyphoonが似ているというわけです。

ハリケーン・サイクロンとの違い

Typhoonと比較される言葉として、

  • Hurricane(ハリケーン)
  • Cyclone(サイクロン)

があります。

これら3つは、どれも熱帯低気圧です。

ただし、最大風速の基準や地域で呼ばれ方が違います。

以下は地域での呼び名の違いです。

引用:お天気.com「台風に関する知識」

なので、

たとえば、同じイギリスのBBC News でも発生地域によって呼ばれ方が違っています。

日本の台風:Typhoon

2019年10月に日本で発生した、令和元年東日本台風です。

Typhoonで表現されていますね。

アメリカ(フロリダ)の台風:Hurricane

2017年にフロリダで発生したHurricane Irmaです。

アメリカで発生しているので、Hurricaneと呼ばれています。

インドの台風:Cyclone

2019年にインドで発生したCyclone Faniです。

インドなので、Cycloneです。

というわけで、繰り返しになりますが、Typhoon、HurricaneとCycloneは同じ熱帯低気圧で地域によって呼ばれ方が違います。

台風に関する英語例文

最後に、台風に関する英語の例文を紹介します。

例文①:台風の目

英単語・フレーズ

よく台風の中心部を「台風の目」っていいますが、英語でも、”The eye of Typhoon” といいます。

例文

The eye of Typhoon is passing through Shizuoka and is expected to cause significant rains over Tokyo.

和訳:台風の目は静岡県を通過して、東京に豪雨をもたらすことが予想されています。

例文②:台風がくる

英単語・フレーズ

台風がくるは、”there is~”を使います。

例文

There will be a typhoon several days later.

和訳:数日後、台風がくるでしょう。

例文③:台風が直撃する

英単語・フレーズ

台風が直撃するは、”hit”を使います。

例文

A typhoon hit east of Tokyo last month.

和訳:先月、台風は東京頭部を直撃しました。


というわけで、台風の英語表現について紹介しました。

本記事が参考になれば幸いです。

おすすめの記事