領収書は英語でなんていうの?【書き方やテンプレートも紹介】

こんにちは。

ホテルや飲食店の方であれば、インバウンドの影響で訪日外国人が増えてるかもしれませんね。

なので、外国人に「領収書」を渡す機会もあると思います。

そこで今回は領収書の英語表現について紹介します。

英語で領収書は?

英語で領収書は?

領収書は英語で”Receipt”

領収書の英語は"Receipt"です。

Receiptは、「毎回お店やレジなどで渡すレシート」や「経費精算するための領収書」の両方を表します。

発音はこんな感じ。

日本人は難しいrの発音が必要で、pは発音しません。

次に、領収書の例文を紹介します。

例文

領収書をもらうときと渡すときの例文は以下のとおり。

領収書をもらう

Could I have a receipt?

領収書をもらえますか?

余談ですが、日本と違って、アメリカでは領収書はもらえません。

なので、必要な場合はこちらから伝えます。

領収書を渡す

日本では基本的にレシートを渡すために不要かもしれませんが、

Would you like to have a receipt?

領収書はいりますか?

こんな感じでOKです。

領収書の英語テンプレートと書き方

英語の領収書テンプレートはググればいくつかでてきます。

とはいえ、印刷が手間なので、購入してしまった方が早いと思います。

上記領収書をもとに英語項目の意味を紹介します。

Date

日付です。

たとえば、2020年4月20日なら、Date 2020.4.20 といった書き方でOKです。

Name

相手の名前です。

名前の聞き方は、

  • Could I have your name, please?(名前を教えてもらえますか?)

で大丈夫です。

もし、聞き取れなかったときや、名前の綴り(スペル)がわからないときは、

  • Could you tell me your name again? (もう一度お名前を教えてもらえますか?)
  • Could you please spell your name for me? (名前の綴りを教えてもらえますか?)

と聞きます。

¥

金額です。

In payment of

「何の代金か」です。

たとえば、

  • 食事代:for meal や for dinner
  • 宿泊代:for room

とサラッと書く感じいいと思います。

The government tax

消費税です。

最後に右下の空きスペースに押印して完了です。


というわけで、今回は領収書の英語表現について紹介しました。

本記事に参考になれば幸いです。

おすすめの記事