英語で手紙を書くときに役立つ記事【書き方や例文・フレーズも紹介】

こんにちは。

外国人とメールやチャットはするけど、手紙は書いたことがない人は多いのではないでしょうか。

いざ手紙を書こうとすると、どうやって書いたらいいかわからないと悩むかもしれませんね。

そこで今回は英語での手紙の書き方や役立つ例文・フレーズを紹介します。

英語の手紙:基本的な書き方

英語で手紙を書くときの基本的な書き方です。

フォーマルな手紙とカジュアルな手紙では表現などが違うため、それぞれ紹介します。

フォーマルな手紙:書き方

英語はカジュアルな表現がたくさんあります。

とはいえ、フォーマルな手紙なのにカジュアルに書くことはNGです。

そのあたりの感覚は日本語で手紙を書くときと同じです。

すいません、ちょっと手紙部分の画像が小さいかもですが、、、

こんな感じで、基本的な書き方は以下の3つです。

  • 宛名
  • 本文
  • 結び

それぞれサクッと解説します。

宛名

宛名は、以下。

  • Dear Sir or Madam
  • To whom it may concern
  • Dear Mr. 〇〇

"Dear Sir or Madam"は、担当者が男性か女性かわからないときにつかいます。

複数いる場合は、"Dear Sirs or Madams"でOKです。

担当者がわからないときの表現として、”To whom it may concern”もよく使います。

日本語でいうと、関係者各位、みたいな少しかしこまった表現になります。

なお、もし、相手がわかっている場合は、"Dear Mr. 〇〇"、"Dear Mrs. 〇〇"を使います。

本文

基本的な本文の書き方は以下です。

  • 書き出し(手紙の理由)
  • 内容

最初の書き出しとして、この手紙を出した理由を書きます。

表現はいろいろありますが、たとえば、

  • I am writing this letter to ~
  • I am writing this letter on behalf of ~

といった感じです。

具体的にひとつ例をあげると、

I am writing this letter to inform you that unfortunately, we will be unable to approve your application at this time. (「今回あなたの申請を受諾することができないこと」をお知らせします。)

こんな感じです。

そのあと、具体的な内容を書いていきます。

なお、内容の書き方はいろいろあるので、ここでは省略します。

結び

結びはいろいろありますが、

  • Sincerely
  • Regards

といったものが一般的です。

日本語いうところの、「敬具」にあたります。

カジュアルな手紙:書き方

基本的な流れは、フォーマルな手紙と同じです。

とはいえ、宛名・内容はラフでもOKです。

宛名

  • Dear [First Name]
  • Hello [First Name]
  • Hi [First Name]

宛名はDear + First Nameだけで大丈夫です。

たとえば、Dear Tom, みたいな感じでサラッと書きます。

もし、友達に送る場合は、HelloやHiで全然問題ありません。

本文

最初の書き出しはいろいろあります。

たとえば、

  • Sorry, I haven’t been in touch for such a long time. (すいません、長い間連絡しなくて)
  • It was good to hear from you.(お手紙ありがとうね)

こんな感じです。

このあたりはググればたくさんでてくるので、いろいろ調べてみてください。

書き出しのあと、具体的な内容を書いていきます。

結び

  • See you soon!
  • Once again, thank you for all your help.

こんな感じでカジュアルに閉めてOKです。

英語で手紙を書くときに役立つ例文・フレーズ

ここからは例文・フレーズをいくつか紹介します。

お礼・感謝の手紙

お礼を伝える表現

I appreciate the time you gave me for ~.

わたしの〜のために、貴重なお時間をありがとうございました。

自分のために時間を割いてくれたときや、何かを手伝ってくれたときに使います。

Thanks for giving me an opportunity to work with you. 

一緒に働く機会をくれてありがとう。

カジュアルな感じで使えます。Thanks for ~ ing はサクッといろいろな言い回しに使えるので使い勝手がいいです。

友達への手紙

喜びを伝える表現

I'm really glad to~

〜して本当に嬉しかったよ

I’m really glad to~はサクッといろいろ使えるので便利です。

トピックを変える表現

By the way, have you heard about …

ところで、〜について知ってる?

別のトピックの内容を書くときに使えます。


というわけで、今回は英語での手紙の書き方や役立つ例文・フレーズを紹介しました。

本記事が役に立てば幸いです。

それでは以上です。

おすすめの記事