オンライン英会話の支払い方法を一覧にまとめました

こんにちは。

今回はオンライン英会話毎に、支払い方法をまとめました。

結論からいうと、オンライン英会話の支払い方法はクレジットカードが中心です。

それでは具体的に解説します。

オンライン英会話で利用可能な支払い方法

オンライン英会話で利用可能な支払い方法

最初にオンライン英会話で利用可能な支払い方法を解説します。

基本的に次の3つです。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • PayPal

順番に特徴を解説します。

クレジットカード

クレジットカード払いの特徴です。

  • カードポイントの付与
  • 自動引き落とし
  • 払い忘れがない

クレジットカード払いは、カードポイントの付与があるのと、自動更新なので都度手続きがないので支払いが楽です。

一方、デメリットもあります。

  • 解約忘れると引き落とし継続

オンライン英会話を解約したいと思っても、忘れるとズルズル引き落としされてしまいます。

普段カード明細とか見ない人は結構要注意だったりします。

銀行振込

銀行振込は、基本的にデメリットしかないです。

  • 銀行へ行くのがめんどう
  • 振込手数料がかかる

オンライン英会話の月額料金は5000-6000円なので、振込手数料の割合は5-10%くらいになると思います。

いうならば、消費税がもう一回上乗せされるイメージです。

なので、クレジットカードが使える人はカード払いがいいです。

PayPal

PayPalの特徴です。

  • カード情報の入力が不要
  • 自動引き落とし
  • 払い忘れがない

PayPalは、PayPalアカウントで決済ができるため、オンライン英会話のサイトにクレジットカード情報を入力する必要がないです。

なので、カード情報を入力したくない向けです。

そしてクレジットカードと同じように自動引き落としされるので、都度作業や払い忘れもありません。

一方、デメリットもあります。

  • PayPalのアカウント開設がめんどう

すでにPayPalアカウントを持っている人はいいですが、持っていない人は新しくアカウント開設が必要です。

PayPalの新規アカウント開設は本人確認などで数週間かかります。

なので、時間軸も注意が必要です。

オンライン英会話毎の支払い方法一覧

オンライン英会話毎に、利用可能な支払い方法をまとめました。

クレジットカード銀行振込PayPal
DMM英会話××
レアジョブ××
ネイティブキャンプ××
QQ English×
Cambly××
ボストン倶楽部×
hanaso×
クラウティ××
vipabc×
EF English Live××
エイゴックス××
産経Online英会話
Kimini英会話××
mytutor××
Bizmates

基本的にどこもクレジットカード払いが中心です。

なお、DMM英会話はDMMポイントでの支払いも可能、クラウティは全国の(株)カルチャー、セブンカルチャ―クラブでの店頭支払いも可能です。


というわけで、今回はオンライン英会話毎の支払い方法をまとめました。

繰り返しになりますが、オンライン英会話ではクレジットカード払いが中心です。

とはいえ、なかには銀行振込やPayPalの支払いにも対応しているところもあります。

なので、クレジットカードを持っていない、使えない方でもオンライン英会話を始めることはできます。

それでは以上です。

本記事が支払い方法を気にされる方の参考になれば幸いです。

おすすめの記事