なぜ英語を忘れるのか?留学後も英語を忘れないための対策

こんにちは。

留学から帰国しても、英語を話していますか?

なかなか英語を話す機会が見つからず、せっかく覚えた英語も日に日に忘れていると感じる人も多いと思います。

英語を忘れること自体は悪いことではありません。

とはいえ、将来、ふたたび英語が必要になることもあると思うので、なるべくなら維持したいですよね。

今回は、なぜ英語を忘れてしまうのか、忘れないためにはどうしたら良いかを説明します。

なぜ英語を忘れるのか

以下はエセックス大学の言語学者であり、言語損失の専門家でもあるモニカ・シュミッド氏の見解です。

「ある単語を何度も認識する場合、回数を重ねるほど脳は前回よりも脳へのアクセスに必要な神経刺激が少なくて済むようになる」とのこと。長い間、ある単語を聞かずに過ごしていると、その単語を思い出すのに必要なエネルギーが高くなる、つまりは思い出すのが困難になるというわけ。また、外的刺激に対して反射的に起きる言語を思い出す作業とは異なり、実際に「話す」となると単語を頭の中で思い出すことはさらに困難になるため、「理解」よりも「話すこと」の方が難しくなってしまうものと考えられます。

引用:Gigazine - なぜ脳は言語を忘れてしまうのか

簡略すると、次の通りです。

  • 英語を話すには、まずは脳にアクセスして単語を思い出す必要がある
  • 長い間単語を聞かないと、脳へのアクセスに必要エネルギーが大きくなる
  • 結果、単語を思い出すことが困難となり、話せない

上記のとおり、本当に英語を忘れてしまったというよりも、長期間英語を放置することで、脳へのアクセスが難しく思い出すことができないという解釈が正しいかもしれません。

いずれにしても、長い間英語を使わないと、話すことが、難しくなることは間違いないといえます。

英語を忘れないための対策

英語を忘れないための対策

結論、特別な方法はありません

地道に英語の「読む、聞く、話す、書く」の学習が必要です。

とはいえ、日本にいると、英語を忘れても特に困らないため、モチベーションの維持が難しいです。

裏を返せば、英語学習のモチベーションを維持することが英語を忘れないための一番の対策といえます。

では、どのようにモチベーションを維持すれば良いのでしょうか。

モチベーション維持の対策

モチベーション維持の対策

英語学習のモチベーションを維持するための対策は以下です。

  • 外資系企業に就職
  • 英語学習の目標を持つ
  • オンライン英会話をはじめる
  • 学習仲間をみつける

ひとつずつ説明します。

外資系企業に就職

1番良いのが、外資系企業に転職することです。

理由は、

英語学習のモチベーション関係なしに、日常的に英語を使うことができるからです。

特に、ネイティブの上司や同僚と英語で仕事を進める環境だとベストです。

リスニングやリーディングは独学で勉強することができますが、スピーキングやライティングは独学では限界があります。

ネイティブの上司や同僚との会話の機会があればスピーキング力は向上します。また、ライティングもネイティブチェックでどんどん上達しますね。

とはいえ、ネイティブのビジネス環境についていくことは容易ではないので、転職前にしっかりとした英語力を身につけておく必要があります。

英語学習の目標を持つ

上記のとおり、外資系企業に転職するといった目標を持つことは英語学習のモチベーションにつながります。

ほかには、海外駐在や社会人留学もひとつの目標ですね。

どれもピンと来ない場合は、とりあえずTOEICで900点以上を目標にするのもありです。

TOEICは毎月受けられるし、不合格がないので、目標点に到達するまで受けて、外資系企業に転職する機会をうかがうのも手ですね。

オンライン英会話をはじめる

英語学習の目的が定まっているのであれば、オンライン英会話はおすすめの勉強方法です。

  • いつでもどこでも受講可能
  • 月額数千円から受講可能英語を話すことできる
  • 4技能すべて学習可能

特に、

自宅から24時間受講可能なので(一部サービスは深夜の1時まで)、忙しい会社員でもスキマ時間を利用することができます。

僕も留学後に受けていましたが、とても便利です。本当にいろいろな国の先生がいるので、レッスンを受けるだけでも刺激にもなります。

学習仲間を作る

独学ではモチベーション維持は無理という場合は、学習仲間をみつけましょう。

といっても、リアルであう必要はないです。

学習仲間を作るために良いのが、TwitterやLanguage ExchangeのSNSアプリです。

上記のように気になった英語学習者のアカウントがあれば、フォローします。

そうすることで、タイムラインにフォローしたユーザーの学習状況が流れてくるので、少しは刺激になると思います。

もし、それでも難しい場合は英語コーチングなども受けてみるのもありです。

最近はビジネスマンの間で認知度もかなり高まってきたので、独学では難しい場合は試してみても良いと思います。

まとめ:英語は使わないと必ず忘れるのでモチベーション対策が必要

留学時に英語を頑張っても、帰国して使わないと必ず忘れてしまいます。

これは、人間の仕組みなので特効薬はありません。

一方、英語学習はモチベーション維持がとても難しいです。

手っ取り早いのは外資系企業に就職して日常的に英語を使う環境に身をおくことです。

とはいえ、それには相応の英語力とビジネス経験が必要なので、まずは必要な英語力を身につけましょう。

繰り返しになりますが、オンライン英会話は自宅からいつでも受けられるので忙しい会社員でも受講可能です。

以下におすすめのオンライン英会話をまとめたので、参考までに貼っておきますね。

あとは、SNSやYoutubeをうまく活用し楽しみながら、英語学習を継続しましょう。

本日は以上です。

おすすめの記事