日本人同士で英語を話す意味は? メリット、デメリットを解説

語学留学中は、学校内では英語オンリーと言われることもありますよね。

もちろん違う国の出身者とは英語でコミュニケーションをとることになりますが、日本人同士だと英語で話すのが恥ずかしいこともあるでしょう。また、同じ日本人同士で英語を話すことに意味があるのかわからない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は日本人同士で英語を話すことについて、そのメリットやデメリットをご紹介していきます。

これを読めば、語学留学中にどうやって日本人同士で会話をするべきかわかるはずです!

語学留学中によくあるお悩み

語学留学中によくあるお悩み

語学留学中は、日本人に限らず、どの国の人も同じ国の出身者で固まりがち。

特に日本人の語学留学生はどこの学校でも多めなので、日本人を避けて過ごすことは難しいでしょう。

日本人と一緒にいるとせっかく語学留学しているのに1日の半分以上は日本語で話していたなんてことも起こりやすいです。

そのことで悩む語学留学生は多いもの。

そんな悩みを解決する方法として、日本人同士でも英語で話すことが挙げられます。

しかし英語がうまくはない日本人同士で英語を話しても、上達しないのではないかなど不安に思う人もいますよね。

また英語で話しているうちに、日本語の方が楽で日本語に切り替わってしまうこともあるのではないでしょうか。

日本人同士で英語を話すメリット・デメリット

日本人同士で英語を話すメリット・デメリット

さまざまな悩みはつきないかと思いますが、日本人同士で英語を話すことにはメリットもたくさんあるんです。ここからは、そのメリットとデメリットを比べてみましょう。

日本人同士で英語を話すメリット

以下がメリットです。

  • 長い時間英語を練習できる
  • 他の留学生もトークに参加しやすい
  • 国際的なビジネスの場では日本人同士でも英語が必要

ひとつずつ見ていきましょう。

長い時間英語を練習できる

日本人同士でも英語を話す最大のメリットは、それだけ長い時間英語を話していられるということです。

留学中に日本人を避けて過ごすことは難しいです。

それなら、日本人とも英語を話すようにすれば、日本語ばかり話してしまうという問題を解決できますよね。

他の留学生もトークに参加しやすい

そして日本人同士でも英語で会話していれば、周りにいる他の国の留学生たちにも意味がわかるので、気軽に会話に入ってもらえるというメリットもあります。

国際的なビジネスの場では日本人同士でに英語が必要

さらに将来的なことを考えると、国際的なビジネスの場では、たとえ参加者に日本人がいたとしても英語で会話しなければならない場面もあります

そんな時に、日本人同士で英語を話すことに抵抗感を感じないようにするためには、早い段階から日本人同士でも英語を話しておいた方が良いんですね。

日本人相手でも自然に英語を話す訓練をしておくことで、英語を話すことが自然になり、結果流暢さが増すというメリットもあります。

デメリットはある?

では日本人同士で英語を話すデメリットとはなんでしょうか。

  • 英語が完璧ではない
  • 英語だけで話すとストレスがたまる

英語が完璧ではない

これはどちらの英語も完璧ではないため、文法や発音などが間違っても通じてしまったり、間違ったまま話してしまうことがあります。

ただこれは、他国の語学留学生と話すときにも同じことが言えます。

語学留学生同士で話すなら、同じ問題があるので、相手が日本人だろうと他の国の人だろうと、あまり関係ありません。

そうした文法・発音の間違いは、授業中に訂正することができます。授業は正しい英語を学ぶ場所、そして留学生同士の会話は習得した英語を使って「コミュニケーションする場」だと思えば良いのです。

英語だけ話すとストレスがたまる

もう1つのデメリットは、英語だけで話しているとストレスがたまるということです。特にまだ英語が自分の言語になっていない間は、ずっと英語で話していると疲れてしまいます。

ですから、日本人相手に話すときには「今は英語オンリー」「今は日本語で話す時間」のように決めて、バランスをとるといいでしょう。

こうしたことを考えると、日本人同士で英語を話すことに大きなデメリットはないと言えるでしょう。

日本人同士で英語を話すことは恥ずかしくない! 

日本人同士で英語を話すことは恥ずかしくない!

デメリットがほとんどなく、メリットばかりとなると、日本人同士でも英語で話したくなってきたのではないでしょうか。

しかしここで私たち日本人の国民性的にひっかかってしまうのが「恥ずかしい」という気持ちです。

多くの語学留学生が日本人同士で英語を話すことに恥ずかしさを感じてしまいます。

しかし何も恥ずかしがることはありません。語学学校でも上級レベルになると国籍問わず入り混じって遊んだりするので、そうした場では日本人同士も英語で会話していることがほとんどです。

日本人同士で英語を話すのが恥ずかしいと感じる人は、外国人相手でも少しシャイになってしまってうまく話せないはず。そうした心のバリアがなくなれば、英語はもっと話しやすくなります。

恥ずかしく感じてしまう人は、まずは日本人同士で英語を話すことに慣れ、恥ずかしさを吹っ飛ばしてみてくださいね。

まとめ

今回は日本人同士で英語を話すことについてご説明しましたが、なにも四六時中英語オンリーにする必要はありません。

悩み相談やちょっと込み入った話、または日本語でないと通じないようなジョークなどなら、日本語で話すのもいいでしょう。そうすれば、友人関係も育ちやすいはずです。

しかしいつも日本語だけで会話をするのではなく、なるべく英語でも会話をするようにバランスをとれれば、せっかくの語学留学中に日本語ばかり話していた……なんて問題を解消することができます。

ぜひ日本人同士でも英語で話すように心がけ、できるだけ英語まみれ語学留学生活を送ってくださいね。

おすすめの記事