日本でネイティブの友達を作るには?見落としがちな心得も紹介

日本人にとって、英語のネイティブスピーカー(ネイティブ)と友達になることは英語力向上の近道であることは間違いありません。

では、どうすればネイティブと友達になることができるのでしょうか。

今回は、日本でネイティブの友達を作る方法を紹介します。

ネイティブの探し方

ネイティブの探し方

まずは日本でネイティブを探す必要があります。

会社にネイティブのスタッフがいれば、友達になる機会はあると思いますが、その環境にいる日本人は一握りです。

以下が方法です。

  • Conversation Exchange
  • Meetup
  • シェアハウス

ひとつずつみていきましょう。

Conversation Exchange

Conversation ExchangeはLanguage Exchangeパートナーを探すサイトです。

私もこのサイトを通じて、10人ほどのネイティブとあったことがあります。

日本にいて、カフェなどで直接話すことができる相手を探すには一番良いサイトだと思います。

あとは、Language Exchangeなので特に費用もかからないですし。

Meetup

Meetupはさまざまなイベントグループが集まるサイトです。

Language Exchangeのグループもありますが、それ以外の趣味・関心のグループにもたくさんのネイティブが参加しています。

個人的にはLanguage Exchangeのグループよりも、趣味・関心のグループの方が友達を作りやすいと思います。

Meetupは週単位で定期開催されているイベントも多いので、生活リズムに合わせやすいと思います。

シェアハウス

最近はシェアハウスが増えてきました。

たくさんの外国人がシェアハウスに住んでいます。

ただし、シェアハウスに住む外国人は必ずしもネイティブとは限らないので、興味がある方は実際に見学してみてください。

ネイティブの友達を作る際の心得

上記の通り、日本にいても、ネイティブを見つけ直接会う方法はあります。

では、どういう心構えで探せば良いのでしょうか。

  • 自分で探して自分から話しかける
  • 自分のペースで探す
  • 無理に友達になろうとしない
  • 自分のコミュケーション能力を過度に意識しない

ひとつずつ説明します。

自分で探して自分から話しかける

一番の答えになってしまいますが、自分から探すことなしにネイティブの友達を見つけることは難しいです。

ある程度英語環境に慣れていないと、自分でアクションを起こすことは気が遠くなるかもしれませんが、ここは避けられません。

(※美人で外国人男性が嫌でも寄ってくる場合は別です)

自分のペースで探す

上記と矛盾するかもしれませんが、ネイティブの友達が見つからないからといって、焦ってしまっては逆にストレスです。

ネイティブの友達を見つけることは簡単ではありません。

もし、ネイティブの友達を探すことに疲れたら、息抜きにオンラインですぐに会話ができる相手を探しましょう。今は、アプリなどでは簡単に話せます。

無理に友達になろうとしない

無理に友達になろうとしないことは大切です。

日本人とネイティブは感覚や文化が違うため、日本人と同じ接し方をすると嫌がられる可能性もあります。

また、相手がネイティブでいくら自分に関心があるからといって、自分に合わない人と無理に友達になるのはやめましょう。

自分のコミュケーション能力を過度に意識しない

よくネイティブと友達になるには英語以外にもコミュニケーション能力が必要と言われますが、あまり意識しないほうが良いです。

理由は、最初から壁を作ってしまうからです。

本当に友達になれるのであれば、コミュケーション能力は関係ありません。

まとめ

今回は、日本でネイティブの友達を作る方法を紹介しました。

日本でネイティブの友達を作ることは簡単ではありませんが、チャンスはたくさんあります。

無理をせず自分のペースで挑戦することをおすすめします。

おすすめの記事