社員に英語教育をしたい!どんな方法がある?その選び方とは

社員の英語教育に悩んでいる管理職・経営者の方もいるでしょう。社員に英語を身につけさせたいと思っても、どのような方法があるのかがわからない方もいるかもしれませんね。

しかし社員に英語を覚えさせたいと思っても、ただ闇雲に「TOEIC800点を取るように」と言っても、なかなか取れる人はいません。

そこで今回は、どのように社員に対して英語教育をすれば良いのか、その選択肢をご紹介します。これを参考に、社員への英語教育について考えてみてくださいね。

目的の明確化

まずは、なぜ社員に英語を覚えさせたいのか、その目的をはっきりさせておきましょう。

海外企業との交渉をさせたいのか、それともメールのやりとりやちょっとした会話ができればいいのか、海外赴任をさせたいのか……など、企業によって社員の英語教育をしたい理由はそれぞれのはずです。

ただ漠然と「英語を話せる社員を増やしたい」というだけでは、なかなかうまく教育することができません。目的がはっきりしていないと、どのような方法で英語を勉強すれば良いかがはっきりしないからですね。

ですからまずは今後、会社で英語を使ってどのようなことができる社員を増やしたいのかを考えてみてください。

英語教育の選択肢

目的を明確にしたら、次はどんな方法で英語を勉強してもらうのかを考えます。

英語教育の方法には、大きくわけると国内でできるもの、そして海外でできるものの2つが考えられます。

さらに細分化すると、国内で英語教育をするなら通学制の英語スクールや、オンライン英会話という方法があります。さらに「英語パーソナルトレーニング」と称する、専属のトレーナーが個人個人に合ったカリキュラムを組んでくれるサービスも。

英語パーソナルトレー二ングは、短期間で英語力を身につけたい社会人にとても人気のサービスです。

海外なら語学留学ということになりますが、語学留学の場合はどの国にどんな留学をするかという選択肢があります。

国内の英語教育の選び方

国内の英語教育では、前述のとおり、以下の方法があります。

  • 通学制英会話スクール
  • オンライン英会話
  • 英語パーソナルトレーニング

ここからは、それぞれどんなタイプの英語教育に向いているかを説明します。

通学制英会話スクール

英会話スクールは、週に1〜2回などの頻度で講師1人と5〜8名程度のグループレッスンというのが主流な形です。企業が社員の英語教育をする場合、英会話スクールと契約をし社員数名を一緒に英会話スクールに通わせることもできます。

内容もビジネス英語に特化したものにできるでしょう。しかし、グループレッスンなので一人一人のレベルに合わせたレッスンはできません。またレッスンを受ける頻度が低ければあまり身にならないでしょう。

オンライン英会話

オンライン英会話は、現在では毎日レッスンが受けられるものが主流になりつつあります。また講師がフィリピン人のところも多く、費用が格安なのが魅力です。

そのためオンライン英会話なら格安で手っ取り早く英会話に慣れることができるのですね。もちろんビジネス英語に強かったり、ビジネス英語のコースがあったりするオンライン英会話もたくさんあります。

ただし意識をしなければ自習がしづらいデメリットも。レッスンだけ受けて満足していると、英会話力はアップしても、正しい文法力や表現力は身につきづらいかもしれません。

英語パーソナルトレーニング

海外赴任や英語での交渉までの能力を求めるなら、英語パーソナルトレーニングがおすすめです。費用はかさみますが、自習内容までしっかりカリキュラムが組まれているので、サボることができないのです。

さらに個人個人にレベルやスケジュールが合わせてあるのも魅力ですね。ただし英語パーソナルトレーニングはカリキュラムが少々キツいので、しっかり英語を勉強できる時間を確保できるように、業務上で気を使う必要があります。

海外の語学留学の選び方

次は海外への語学留学について考えてみましょう。

語学留学をさせると費用はとてもかさみます。ですから、海外赴任をさせる予定で、その赴任先での留学ということなら、それだけ費用をかける意味があるでしょう。

たとえば東南アジアならフィリピンやマレーシア、シンガポールに英語が習える語学学校があります。ヨーロッパ赴任ならイギリスが良いでしょうし、北米や中南米赴任で英語が必要なら、アメリカが良いです。

留学先はそのように選び、あくまで赴任までの準備期間と位置付けるのがおすすめです。

というのも、赴任の予定がないのに語学留学をさせてしまうと、留学先で新しい仕事を見つけてしまったり、そのまま会社に戻ってこなかったりということも考えられるんですね。

ですから海外留学をさせるなら、海外赴任を予定している人だけにしぼるのが良いのです。

まとめ

英語教育にもさまざまな方法があります。社員に英語を習得させたいなら、目的と予算に合った方法がおすすめです。

まずは目的を明確化し、どんな英語教育が適切かを考えてみてくださいね。

おすすめの記事